新リッツ(ナビスコ)がものすごく不味い?実食レビュー

新リッツ(RITZ)を食べたところ、おどろくほど美味しくなかったので笑ってしまいました。「ヤマザキナビスコ」が製造していたのですが、2016年9月から別の会社「モンデリーズ・ジャパン株式会社」が「ナビスコ RITZ(リッツ)」のブランドを使って味がまったく違うものを販売しています。

今回、実際に買ってきたので実食レビューします。

広告

新リッツ(ナビスコ)を買ってきましたが?!なにか変化があるようです


新リッツのパッケージがなんかライトになっています

新リッツのパッケージがなんかライトになっています

うちの困ったちゃん「温泉担当」が大好きなお菓子といえば・・・・

シガールロータスナビスコ リッツ」です。

1位 葉巻状クッキー『シガール』(ヨックモック)
2位 カラメルビスケット(ロータス)
3位 RITZ(ナビスコ)

シガールはお高いので、あまり買うことができませんが、ナビスコのリッツはどこにでも売っておりお手軽価格なので、取材1件のご褒美に1枚ずつあげたりしています。

ご褒美のリッツをひとくち食べたらブチギレたのです

ご褒美のリッツをひとくち食べたらブチギレたのです

いつもなら・・・・

温泉担当 「わん!わ、わわわワン!キュ~ん!(* ॑꒳ ॑* )

と我を忘れて子犬モードに突入するのですが、今回はちと違いました。

温泉担当 「大人をなめちゃいかんぜよ!( º言º)

リッツだけど中身は別物に変わっていました


見た目は「ナビスコ リッツ」で間違いないのですが・・・・

見た目は「ナビスコ リッツ」で間違いないのですが・・・・

今回、彼にあげたお菓子は明らかに「ナビスコ リッツ」という商品なのですが・・・・

温泉担当 「こんなのリッツじゃないよ!(இ﹏இ`。)」

と涙ながらにエグエグしだしたのです。

なにやら明らかに色が薄い・・・・

なにやら明らかに色が薄い・・・・

見てみると、明らかに従来の「リッツ(RITZ)」よりも色が半分以下の焼き色となっており、なんかものすごくライトな感じのリッツになっていたのです。

ということで、私も食べてみると・・・・

新リッツ(ナビスコ)を食べてみました


明らかにグレードダウンしてました

明らかにグレードダウンしてました

ほんとにビックリするくらい違う味になっていました!(笑)

焼き色が少ないため従来の香ばしい香りがほぼ無くなっています。

また、塩味もライトで小麦粉の風味が前面に出た味になっています。

ちょっと粉っぽい感じというと分かりやすいかもしれません。

ナビスコリッツは変わってしまいました

ナビスコリッツは変わってしまいました

・焼き色が薄い
・香ばしい香りがなくなった
・塩味もライトに
・なんか粉っぽい

ということで、これはあまりにも酷いというわけでネットで調べてみたら、結構な文句が出てきたのです。

新しいリッツは「インドネシア産」で、製造も「ヤマザキナビスコ」から「モンデリーズ・ジャパン株式会社」に変わっています。

つまり、国内製造から海外製造になっています。

2016年9月21日から切り替わったということですが、「ヤマザキナビスコ」は8月31日でライセンス契約が切れたことで「ヤマザキビスケット」と社名を変更して「ルヴァン(Levain)」という名前で従来の味を販売しています。

広告


ルヴァンL(75枚入(25枚*3パック))


実食レビューや新店情報、テレビで紹介される商品や店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。