正記冰室 市ヶ谷(曙橋)に香港レストランが2016年9月頃新規オープン?

Sponsored Link

市ヶ谷(曙橋)に「正記冰室」という香港レストランが出来るようです。正記冰室(シュウシツ ビンサッ)とはカフェのことですが香港料理店のようです。場所は都営新宿線から靖国通りを防衛省方面に歩いた右側です。

このあたりはよくご飯を食べに行ったものです。

正記冰室 市ヶ谷(曙橋)に香港レストランが2016年9月頃新規オープン

大学を出て最初に勤めた場所の近くの情報を見ていたら、市ヶ谷(曙橋)に香港レストランが出来るらしいというのがありました。

場所は曙橋の中央大学市ヶ谷キャンパスのお向かいくらいで、元々ここは「福龍門」という中華料理店があった場所です。

元地元なので場所はすぐに分かりました。私が好きな街のひとつです。

お店は「ホン コン レストラン 正記冰室(シュウシツ ビンサッ)」というようです。

本来は「喫茶店」という意味ですが「ホン コン レストラン=香港酒家?」とあるのでたぶん香港料理のお店でしょう。店名の文字のスペースが気になりますが(笑)

市ヶ谷の曙橋の通りは食べ物屋さんも多く、よく食べに行ったものです。少し南下すれば四谷三丁目で住宅街を抜けると、昭和40年代からあるような昔からの飲み屋さんとかがありました。(今でもあるのでしょうけど)

曙橋は結構目新しいお店が前からオープンする立地ですよね。

東京都新宿区片町2-2 エステート絹1階
営業時間:
定休日:

地図に登録しておきました。

正記冰室の意味は?


店名の「正記冰室」というのは「シュウシツ ビンサッ」と読むはずです。

「正記」は店などで頭に付く言葉です。「気軽なお店とか明るいお店」という感じの意味です。

簡体字で「正记」です。

「冰室」は「ビンサッ=喫茶店」です。日本語だと「氷室」になります。

並べてみると、冷たい飲み物のカジュアルカフェみたいな感じですが、香港にある「正記冰室」(Jeng ji Cafe)もカフェレストランです。


主に関西の新規・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。