うま辛ダレで食べる中華まぜそば レビューと評価 セブンイレブン

Sponsored Link

セブンイレブンから先月発売された近畿限定「うま辛ダレで食べる中華まぜそば」を食べてきました。「うま辛ダレで食べる中華まぜそば」は甘酸っぱいまぜそばですが、後から結構辛いのが来るので、甘酸っぱいだけにならない工夫がされています。

辛いのは苦手なのですが、甘さと辛さが同居しているので、なんだかんだで食べきってしまい。もう一回買いにいこうかという気になりました。

セブンイレブン うま辛ダレで食べる中華まぜそば


セブンイレブンの中華そばがなかなかおいしい

セブンイレブンの中華そばがなかなかおいしい

セブンイレブンの「うま辛ダレで食べる中華まぜそば」(399円)を食べる機会があったので、レビューしたいと思います。

結論からいえば、評価としては及第点でおいしいです。辛いのは苦手なのですが、甘さと辛さが同居していて、すぐに食べきってしまい。もう一回買いにいこうかという気になりました。

結構甘いタレでくどいのですが、タマネギやラー油の辛みが一気に来るのですぐに甘さを打ち消してちょうど良い味加減になります。

最初甘くて、後からジンジンくる辛さ


セブンイレブンの「うま辛ダレで食べる中華まぜそば」(399円)

セブンイレブンの「うま辛ダレで食べる中華まぜそば」(399円)

このセブンイレブンの「うま辛ダレで食べる中華まぜそば」(399円)ですが、2016年7月頃に発売されたようです。

今のところ、近畿でのみ発売ということで、2016年8月14日時点で公式サイトにも掲載されていないようです。

以前食べたセブンイレブンの台湾まぜそばも美味しかったですが、セブンイレブンはハズレありません。

具は「もやし・タマネギ・青ネギ・台湾ミンチ・チャーシュー」

具は「もやし・タマネギ・青ネギ・台湾ミンチ・チャーシュー」

今回の「うま辛ダレで食べる中華まぜそば」も、甘いのに辛いという特徴的な味わいになっています。

麺にはラー油が絡めてあって、元から少し辛めの麺になっています。それに、甘辛ダレをかけて食べるのですが、これが最初は甘酸っぱい(甘いだけではない)ですが、後から辛くなってきます。

具は「もやし・タマネギ・青ネギ・台湾ミンチ・チャーシュー」です。

タレが辛い分、ミンチは甘めで、もやしやネギで爽やかさを出しています。と思ったら、タマネギでまた辛いという工夫がされていました。

ただ、チャーシューは「いるのかな?」という感じで、具材の仲間に入れていない気がしました。香りが強い分、具の中では異端児的でした。

タレは麺にからむタイプです。

タレは麺にからむタイプです。

麺はタレがよく絡むので、甘酸っぱさが先にたちます。

最初甘くて後から辛いのは、まさに「まぜそば」といえる商品でした。

うま辛ダレで食べる中華まぜそば 評価


うま辛ダレで食べる中華まぜそば レビューと評価

うま辛ダレで食べる中華まぜそば レビューと評価

(1)辛さと甘さが調和して2つの味が交互に楽しめる
(2)甘みは「甘酸っぱい」もので夏らしい爽やかな味わい
(3)チャーシューは存在の意味がわからない

甘酸っぱいのが特徴的です。あまり甘酸っぱいと逆においしくないのですが、後から結構辛いのが来るので、そうならない工夫がされているようです。

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。