500円定食屋「ごはん処 喜楽や 宗方店」が新規オープン@大分市上宗方

Sponsored Link

ジョイフルの新ブランド「ごはん処 喜楽や」が2016年9月16日に大分市上宗方で新規オープンします。場所は「ビッグアメリカンショップ宗方店」の隣で、そこに「ごはん処 喜楽や 宗方店」をオープンさせます。味噌汁・キャベツ・漬け物・コーヒーおかわり自由です。

これは既存の実験店舗「はらぺこ丸」が本格稼働したもののようです。

500円定食屋「ごはん処 喜楽や 宗方店」が新規オープン

2016年9月16日に「ごはん処 喜楽や」(きらくや)というジョイフルの新ブランド定食屋が大分県内に新規オープンします。

場所は「ビッグアメリカンショップ宗方店」の隣にあった空きスペースです。

定食全品500円(税込み)となっており、「焼さんま定食」などの肉・魚の焼き物もしくはフライ物の定食を食べることができます。

・定食7種類をひとつ選択
・味噌汁・キャベツ・漬け物はおかわり自由
・コーヒーお替り自由
・価格は500円

辛子明太子・冷や奴などの小鉢もありますが、これはサイドメニューで追加料金が必要です。

なお、年間目標売り上げ高は6000万円で、月額にすると500万円、日額にすると16万円となります。つまり、1日に320食を目処にしているといえます。一般的な飲食店の規模を想定ですが、店舗は13人で稼働する予定と言われています。

大分県大分市上宗方638−1付近
営業時間:
定休日:

既存のジョイフル実験店舗「はらぺこ丸」が本格稼働


ただ、これは大分県内で展開していた既存のジョイフル店舗「はらぺこ丸」が名称変更しただけのようで、サービス形態はほぼ一致します。「はらぺこ丸」は2014年頃から大分県内で2店舗を実験的に展開していました。

・おかずや小鉢を自分で選ぶセルグ式店舗
・味噌汁・キャベツのおかわり自由
・コーヒーお変わり自由
・価格はメイン+小鉢2皿+ごはん+味噌汁で500円程度

同じ大分県内にあった「はらぺこ丸 萩原店」では、メインに小鉢を追加しても500円程度であったこと、コーヒー無料でした。

この店舗「はらぺこ丸」が「ごはん処 喜楽や」として稼働を開始した店舗で、これはリリース資料にも書かれていました。

「ごはん処 喜楽や」と「はらぺこ丸」の違い


「ごはん処 喜楽や」と「はらぺこ丸」の違いは「おかずのセルフ選択ではない」ことだけです。

(1)おかずのセルフ選択ではない

ほぼサービス内容が一致します。

メニューは「焼さんま」とか「焼さば」に「チキン南蛮」などで、これは京都にもある「250円弁当 元気や」的な内容を想起させます。


主に関西の新規・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。京都の起業家の方は、ぜひ参考にしてください。


Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。