Myだしブームが来た!出汁はカスタマイズする時代に 関西だし蔵

Sponsored Link

なにやら新ブームの気配がします。大阪では「Myだしブーム」が始まるようです。豊中市の千里中央に「関西おだし専門店 だし蔵」さんというお店が出来ており、そこがなかなか評判が良いのです。

遂に、出汁はカスタマイズする時代に突入です!

Myだしブームが来た


2016-03-26_033905

皆さんはお出汁とってますか?

うどんや味噌汁に使うお出汁は、お手軽なダシの素ではなく、自分で好みの素材を使った方が美味しくなります。

かくいう私も、出汁は自分で取る派で、「昆布・いりこ・かつおぶし」を合わせたお出汁(白出汁・合わせ出汁)を取っています。

それに「みりん・料理酒・醤油」で味付けをすると、薫り高いおうどんができあがるわけです。

うどん・そば
味噌汁
だし巻き玉子
たこ焼きやお好み焼きの生地

出汁取りは一時衰退したが・・・・


昔は、よく鰹節を自分で削って、それから出汁を取ったものです。どこのご家庭にもありましたよね、鰹節削り器が。

Sponsored Link


【超お買い得】藤秀印鰹鉋刃使用鰹節削り器 いろり端&枕崎産本枯節2本(420〜450g・ダンボール入)

ぶっちゃけ、自分で削る必要ナッシングなので、小分けパックになっているコンビニでも買える商品が台頭しました。

いや・・・・

昨今では、ダシの素で済ますご家庭が多いと思います。

なんとも嘆かわしいことです。

しかし、出汁をカスタマイズする時代が、やっと到来しそうなのです。

出汁はカスタマイズする時代


出汁をカスタマイズするとは、自分好みの出汁を作ることを言います。

例えば、私は「昆布・いりこ・かつおぶし」を合わせたお出汁(白出汁・合わせ出汁)を取っているわけです。

親戚が高松にいたこともあって、小さい頃から讃岐うどんは大好きですが、そのためかお出汁は「いりこ」が入っちゃうわけです。

このように、自分好みのお出汁があれば良いのですが、「お出汁ってなに?」という若者向けのヤングなショップが大阪にできたのです!

関西おだし専門店 だし蔵

その「若者向けのヤングなショップ」というのが、関西おだし専門店「だし蔵」さんです。

大阪の千里中央にあるお店で「せんちゅうパル」の地下一階にあります。

千里中央というのは、万博記念公園に近い住宅街なのですが、40年くらい前のニュータウン的な街です。そのため、ちょっと古くさい感じがすごく懐かしい所で、私はちょこちょこと出かけています。

そこに、関西おだし専門店「だし蔵」があるのですが、「関西・関東・九州」の3つの基本出汁があって、そこからさらに好みでカスタマイズして、マイお出汁を完成させるというお店なのです。

その場で、だし茶漬けを食べることもでき、それがとても美味しいと評判のお店です。

もし、お近くに行くことがあれば、ぜひ寄ってみてください。

大阪府豊中市新千里東町1-3-149 せんちゅうパルB1階
営業時間:11時~21時
定休日:元旦

テレビで話題になったグルメやお店の情報一覧はこちらです。

Sponsored Link


蔵出し写真館 百川晴香6

Twitterの口コミや感想

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。