【幻の米】ミネアサヒと四谷千枚田

Sponsored Link

愛知県には幻の米と呼ばれる「ミネアサヒ」というお米があります。入手が難しいことからマボロシということですが、コシヒカリに近い品種で値段も高くないのにおいしいと言われています。愛知県の作手(つくで)産が知られていますが、四谷千枚田という日本の「コルディリェーラの棚田群」でも作付されています。

通販などでも入手可能です。

四谷千枚田の幻のコメ「ミネアサヒ」

愛知県の作手(つくで)という標高500mの山間部で栽培されているお米「ミネアサヒ」というお米があります。

この「ミネアサヒ」は、「幻の米」として紹介されることが多く、日本の「コルディリェーラの棚田群」と呼ばれる「四谷千枚田」でも作付されるなど話題にことかかない商品です。

味はコシヒカリに近いのですが、値段はお安いのに、なぜか幻で入手が難しいというお米です。

ちなみに、作手(つくで)と四谷千枚田は近いのですが、「ミネアサヒ」は作手産が知られています。

Sponsored Link


【送料無料】【幻の米】【26年産】作手産ミネアサヒ 5kg×2

四谷千枚田

四谷千枚田は、日本の「コルディリェーラの棚田群」と呼ばれる、400年以上の歴史がある棚田のことです。

標高883mの鞍掛山の山麓にあり、湧き水も豊富でお米の栽培がおこなわれています。

ここでも幻のコメ「ミネアサヒ」が生産されていたりします。

Sponsored Link


愛知県産 ミネアサヒ 26年産 白米 5kg【P19Jul15】

テレビで話題になったグルメやお店の情報一覧はこちらです。

Twitterの口コミや感想

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。