横横家閉店 7/12横横家本店が突如閉店 湯島店が2016年新規オープン

Sponsored Link

7/12の営業を最後に横浜で人気のあった家系ラーメン「横横家」が閉店となりました。一部では話は伝わっていたようですが、多くのファンにとっては突然の閉店となり、その理由も「東京移転」という理由であったため惜しむ声が聞こえてきます。

2016年5月、上野の湯島の「横横家」も閉店しました。運営管理会社は6/24に倒産しています。

追記:跡地には、2016/8/19に同じく家系ラーメン「麺勇軒」が新規オープンすると告知されました。

横横家本店が突如閉店で東京移転との話も

金沢八景で横浜家系ラーメンとして人気のあった「横横家」が突如7/12に閉店しました。「横横家」は吉村家直系の家系ラーメンということで、地元でも人気のあったラーメン屋さんです。

7/12で終了というのは事前にファンの間では伝わっていたようですが、7/13はシャッターが下りており、貼り紙には「東京移店」と書かれているのが目撃されていました。

今回、閉店するのは「本店」のみです。もうひとつは「仙台店」(別記事で紹介)です。要するに拠点を東京に移すということでしょうけど、わざわざ横浜を閉めて東京という理由がいまいちわかりません。

神奈川県横浜市金沢区六浦1-12-17

宮城県仙台市若林区新寺1-4-31

Twitterでも告知(ただし日付間違え)

公式Twitterでも、7/13深夜に閉店が告知されていました。

文章では「7/11」となっていますが、これは「7/12」の打ち間違いのはずです。

次のTweetでは「東京移店」と告知されました。「移転」のことです。意味はわかります。

実は現時点で店長候補を募集中


2015-07-13_204237

今回の閉店ですが、実は現時点で店長候補を募集中となっています。

経営は「横横家フーズ株式会社」さんという会社さんなのですが、6/29~7/27までの掲載で、求人・転職サイトに「店長候補募集」の告知が出ています。

募集店舗は閉店した「金沢八景店」となっています。

そのため、閉店前から募集をしていたということになります。

店長候補を募集していたこと、突然閉店したことを考えると、人材不足の面が考えられますが、それで閉店しちゃうほど規模の小さいラーメン屋さんでもありません。

謎は深まるばかりです。

横横家 東京店は上野との噂


移転した理由は噂では店舗の契約更新がうまくいかなかったとする説がありますが、上野への移転と噂も出ています。

ただ、それならこれまで通り神奈川で店舗を探せば良いし、東京移転の意味がやはり分かりませんね。

また、何か分かれば追記していきます。

元祖‼東京家系‼横横家湯島本店 2016年2月10日に新規オープン

2/10にTwitterで「元祖‼東京家系‼横横家湯島本店 2016年2月10日に新規オープン」と告知されています。

東京家系とか意味不明ですが、場所は「湯島本店」とあるように、東京・文京区の湯島です。

不忍池の南側で、大江戸線の湯島駅近くです。

東京都文京区湯島3丁目46−2
営業時間:11時~26時(当面は24時まで)
定休日:年中無休

なんか別物になっているような気がしますね。

実は、セルフうどんと同じ方式になっており、自分でトッピングを選んでいくので、人によってはこうなるのです。

横横家湯島本店 2016年5月に速攻で閉店


この「横横家湯島本店」ですが、オープン3ヶ月ほどで閉店となりました。

本店は大変評判の良いお店でしたが、上野のセルフ店舗は受け入れてもらえなかったようです。

6/24に「横横家ブース株式会社」が東京地裁で破産手続きの開始決定を受けており、仙台店も閉店となっているようです。

追記:跡地には、2016/8/19に同じく家系ラーメン「麺勇軒」が新規オープンすると告知されました。


主に関西の新規・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。京都の起業家の方は、ぜひ参考にしてください。


Sponsored Link


【神奈川のお土産がポイント2倍&2,990円以上送料無料!】横浜ラーメン吉村家

Twitterの口コミや感想

ツラかった記憶は今では笑顔に(*´╰╯`๓)♬*゜(笑)

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。