【ケンミンSHOW】ばんどう太郎の「みそ煮込みうどんランチ」沖縄「みそ汁定食」と謎グルメ「かちゅー湯」

Sponsored Link

5/21の『秘密のケンミンSHOW』では「茨城熱愛ファミレス ばんどう太郎」と「沖縄超濃厚みそ汁」そして「博多美人」が紹介されます。

ま、博多は美人が多いのは納得として(ただし女子高生以下に限る)、「茨城熱愛ファミレス」と「沖縄超濃厚みそ汁」とはなんでしょうか?

予測では・・・・

ばんどう太郎(茨城熱愛ファミレス)
沖縄のみそ汁定食又はかちゅー湯(沖縄超濃厚みそ汁)

だと思われます。

追記:沖縄のは、豚のレバーと豚のモモ肉を入れた味噌汁が紹介されました。そういえば入ってますね・・・・。

茨城熱愛ファミレス「ばんどう太郎」は親孝行・人間大好きの接客がウリ

「ばんどう太郎」は、茨木・栃木・埼玉・千葉で猛威をふるっているファミレスです。

その公式サイトを見に行ってもわかりますが、なんかの宗教かって感じで「親孝行・人間大好き」というフレーズが目に飛び込んできます。

要するに、お客様に満足していただくという商売の道理を広告宣伝に使っているのですが、新興の会社なんかがよくやる手法です。あ、いや考え方としては大変素晴らしいと思いますよ。

そこの人気メニューが「みそ煮込みうどんランチ」です。

予告では「熱愛!茨城ファミレス感動接客&極上うどん」とあるので、ばんどう太郎の「坂東みそ煮込みうどんランチ」(1080円)が紹介されると思われます。

茨城県猿島郡境町長井戸297−1
URL:http://www.bandotaro.co.jp/

Sponsored Link


半生みそ煮込みうどん6人前

予告でも「ばんどう太郎」言うてました(笑)

感動する会社は、なぜ、すべてがうまく回っているのか?」という本でも紹介されている企業さんです。

Sponsored Link


感動する会社は、なぜ、すべてがうまく回っているのか?

沖縄には「みそ汁定食」が普通にある

5/21『秘密のケンミンSHOW』で沖縄の「濃厚みそ汁」が紹介されます。予告では「スタミナ満点!沖縄アレ入り超濃厚みそ汁(謎グルメ)」と書かれています。

沖縄というのは歴史的に別の国ですけど、その食文化もなかなかユニークです。

沖縄には「みそ汁定食」という謎グルメがあるのですが、おかずが「味噌汁」で、それにご飯と小皿がついた定食なのです。関東でも「豚汁定食」ってありますけど(関西では見ないかも)、そういう感覚です。(東大近くのトン汁専門店記事

基本的に、沖縄のみそ汁は具だくさんなのがポピュラーです。そのため、これをオカズにして食事という話になります。

ただ、予告では「スタミナ満点!沖縄アレ入り超濃厚みそ汁」とあるので、もっと独特なものが入っているものが紹介されそうです。

追記:沖縄のは、豚のレバーと豚のモモ肉を入れた味噌汁が紹介されました。そういえば入ってますね・・・・。

沖縄ご当地グルメ「かちゅー湯」


Sponsored Link


沖縄名物かつおの濃厚みそ汁!かちゅー湯カップ(常温)(沖縄 お土産 沖縄土産 おみやげ)【RCP】

実は、沖縄にはご当地グルメで「かちゅー湯」というものがあります。

これは、非常にシンプルというか、短時間でできる味噌汁なのですが、かつお節を味噌汁でといただけのものです。

平たくいうと「味噌汁」ですが、鰹節でダシを取るのではなく、かつお節と味噌汁が一緒になっているものです。ダシをとるというプロセスがない味噌汁というとわかりやすでしょうか。いわゆる「時短グルメ」というやつです。

これは、なかなか健康に良さそうな組み合わせです。

とはいえ、予告では「スタミナ満点!沖縄アレ入り超濃厚みそ汁」とあるので、「かつお節ってスタミナ満点か?」と思うところがあります。

たぶん、最初に紹介した「みそ汁定食」に、なにかスタミナのある食材が入ったものが紹介されるのかなという気がします。

「秘密のケンミンSHOW」関連記事はこちらです。

Twitterの口コミや感想

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。