【おうちでイオン】イオンネットスーパーを実際に使ってみたレビュー(送料は?スマホでも?配送料は?)

Sponsored Link

今回はイオンネットスーパー(おうちでイオン)のレビューです。私こと温泉担当は山奥に住んでいるため、お買い物が苦手です。行くのが面倒だし、主婦が目の前をウロチョロするのも好きじゃないので、イオンネットスーパーというのを使ってみることにしました。イオンネットスーパーとは、自宅にいながら通販できるサイトです。

お米とか重いもの、トイレットペーパーとかダンディーっぽくないものを買う時には良いと思います。スマホでも買い物できますし、配送料(送料)も300円程度なので交通費のことを考えれば安く済むと思います。

イオンネットスーパーお試しキャンペーンに釣られる


2015-04-28_163218

私は不便なところに住んでいるので、買い物は近くのコンビニくらいしかありません。むしろ、コンビニがあるのが驚きなのですが、スーパーというものとは縁が遠い場所です。

そこで、行く手間とか考えたら「ネットスーパーが楽だよね」ということで試してみました。

ちょうど、4/30までは「ネットスーパーお試しキャンペーン」で、イオンネットスーパーの配送料が「324円→108円」にダンピングされていました。

やや見づらいけど、行くよりマシかもしれない


2015-04-28_170323

イオンの総合トップページは「イオンスクエア」というサイトです。

ごちゃごちゃして、馬鹿な我々には難易度が高く見えます(笑)

ちなみに、ここはスーパーではありません。

2015-04-29_120536

右下のサイドバーにある「おうちでイオン イオンネットスーパー」というのが目的のサイトです。

ここからも「新規登録」は可能ですが、右上に小さいテキストで「新規登録」と書いてあるだけで、明らかに設計ミスなので、ここはスルーします。

URL:http://www.aeonsquare.net/

おうちでイオン イオンネットスーパーに新規入会


2015-04-29_120948

こちらが目的のサイト「おうちでイオン イオンネットスーパー」です。ここから、先ほどの「イオンスクエア新規メンバー」に登録することができます。ここには、「イオンスクエア」では目立たなかった「新規登録」ボタンが大きく書いてありますので迷うこともないでしょう。

ここで、とりあえず「新規入会」します。

URL:https://www.aeonnetshop.com/shop/default.aspx

イオンネットスーパーも似たようなものがある


2015-04-29_122551

ここで、2つのショップがあることに気が付きます。

我々は○カなので、この違いを理解するのに時間がかかりました(笑)

おうちでイオン イオンネットスーパー → 近くのイオンから発送する
おうちでイオン イオンショップ → 通常のネットショップ

この2つの違いが分かりづらいのですが、イオンネットスーパーは近くのイオンから発送してくれます。

イオンショップはイオンスーパー含めて、服飾品やギフトなども扱うサイトです。

ここで大きな違いは、イオンネットスーパーの方は生鮮食品でも売っていないものが多いことです。

スーパーなので、食品・日用品がメイン
最寄りのイオンからしか購入できない。
つまり、そこにある商品しか購入できない。
よって、売り切れの場合や無い商品も多い。
ただし、配送料は安い。送料324円(税込)

イオン全体の商品を扱う、食品・日用品もある。
千葉のイオンから発送。
在庫や商品種類は豊富。
ただし、配送料は送料540円(税込)

この違いを理解していないと、途中で大いに悩みます(笑)

イオンネットスーパーで、実際に買い物してみる


ログインすると、近場のイオンの買い物サイトが表示されます。場所によっては、使用する店舗が複数選べるのかもしれませんが、私の住むところでは、一か所だけしか選べませんでした。

2015-04-29_132245

てきとうに見ていたら、上のページに移動してしまいました。

しかし、このページから商品一覧などを表示するのが、○カだとわからない仕組みになっているようで、商品にたどり着くことができませんでした(笑)

ログインしたページにあったメニューバーもありません。

「メンバーサービスメニュー」というところを押した先のページ上部にメニューバーが表示されるので、そこから元のページに戻ることができました。

さっきから、イオンのサイトはとんでもなく難易度が高いです(笑)

2015-04-28_170206

検索フォームから買いたい商品を「お買い物メモ」というのに登録しておくと便利でしょう。

「お買い物メモ」に商品を放り込んで、選別してみる


2015-04-28_193828

とりあえず、「お買い物メモ」に商品を放り込んでみました。

ここから、いらないものとか、ミニストップでも買えるものは省いても構わないでしょう。

ただ、商品の一括選択とか、チェックボックスの位置がわかりづらいため、商品を間違えて消してしまうことがありました。

チェックボックスは商品の上にあるのでご注意ください。これ、商品の下にあるほうがわかりやすいとは思いました。

野菜とかお肉は超一般的なものしかありません


実際のイオンのスーパーにはたくさんの商品があるのですが、ネットスーパーにはガチでポピュラーなものしかありません。

品揃えはだいぶ少ない印象がありました。

トップバリューの冷凍商品も「ネットスーパー」にはないものが多いようです。ないものは「イオンショップ」の方にはあったりしますが、一緒に購入はできません。

お肉は、メニューから選んでも、ひとつも商品が表示されませんでした。

定期的に購入するお米やトイレットペーパーなどを注文


2015-04-29_131815

結局、生鮮食品はほぼなかったので、トイレットペーパーやティッシュ、そして重いお米などをメインに注文しました。

こういう重いものは助かりますが、届けてくれたのは、非力な猫でした。

支払はWAONでしてみました


2015-04-29_132911

ログインした時に表示されるページの下部に、「玄関先WAON支払」というアイコンがあれば、猫が届けてくれた時に、猫の端末でWAON支払いができるようになっています。

だけど、これこんなところに表示してあっても、ただの説明ページに行くだけだし、この店がWAON支払に対応しているのかどうか判断するのは、我々のような○カにはだいぶ難易度が高いと思われました。

もちろん、事前にミニストップなどでWAONチャージしておかないとダメです。

イオン銀行でイオンカードを持っていれば、チャージできるので便利ですが、普通のワオンだと、イオンかミニストップの店頭端末でチャージしておく必要があります。

まとめ:5%引きなどの割引は一切ないし、店で買えるならそれが一番


イオンといえば、WAONで支払えば、特定日は5%引きとかポイント2倍とかですが、そういったサービスは一切ありませんでした。

毎月20日と30日は「5%OFF」
毎月5のつく日は「ポイント2倍」

注文が集中しちゃうから仕方ないかもしれないですが、店に行ける方はお店で買うのが、品ぞろえのことを考えるとベストな選択でしょう。

店から遠い場所に住んで、移動の足に難がある場合は、重いお米などを注文するのはアリだと思いました。

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。