【かぶら寿し】金城かぶら寿しの「四十萬谷本舗」大根と寒ブリのお寿司

Sponsored Link

最近流行の北陸新幹線の開通した北陸・金沢ですが、この時期になるとかぶら大根と寒ぶりでつくった「金城かぶら寿し」の季節になってきます。

これは「四十萬谷本舗」さんで生産されている地域名産です。種類としては「なれ寿し」というものです。

金沢名物「金城かぶら寿し」とは


Sponsored Link


四十萬谷本舗 金城かぶら寿し 250g 約2枚入

「金城かぶら寿し」とは、金沢名物の漬物を使った大根のお寿司で、創業明治8年「四十萬谷本舗」さんで販売しているものです。

かぶら(大根)の間に寒鰤(寒ブリ)の身を挟んで、それを麹で漬け込んだお漬物です。お寿司のように見えることから「かぶら寿し」と呼ばれています。

冬の味覚として、今が旬です。

かぶら寿し1gに100億個の乳酸菌


Sponsored Link


氷室かぶら寿し

お値段なかなかど迫力級ですが、かぶらの甘さにブリの塩漬けが味わい深い逸品です。

それに「石黒種麹店の糀」を使って、ヨーグルトのように乳酸菌を含んでいます。1gに100億個の乳酸菌が生きているといわれています。

創業明治8年「四十萬谷本舗」

創業明治8年「四十萬谷本舗」さんは、金沢市内に複数ありますが、本店が弥生にあります。

石川県金沢市弥生1丁目17-28
営業時間:8時~17時
定休日:日曜

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。