【三ヶ月ぶり5度目】海老名市の学校給食にビニール片が異物混入

Sponsored Link


ここしばらく「異物混入」騒ぎも落ち着きを見せています。そんなもの、昔からあるので騒ぐほどでもないのですが、最近は「ツイッター」なる洋物の連絡網があるとかで、情報伝達が急速に発展したとかなんとかかんとかうんぬんです。

そんな中、海老名市教育委員会がコンスタントに異物混入を公表しています。

海老名市教育委員会 発表

  • 2015/1/13発表 東柏ケ谷小学校「オムレツトマトソースかけ」→ ビニール片 ※調理業者未発表
  • 2014/10/30 大谷小学校「鶏肉の唐揚げ」 → プラスチック片 ※食の創造館で調理だが、材料納入前に混入
  • 2014/6/2 門沢橋保育園「トリ肉のみそ焼き」 → ばんそうこう ※調理は園内だが、材料納入前に混入
  • 2014/2/26 東柏ケ谷小学校「米飯」 → 針金2本と木片 ※食の創造館で調理だが、材料納入前に混入
  • 2014/1/28 東柏ケ谷小学校「ジャージャーめん」 → 調理器具のゴムベルト片(海老名市初の給食混入)※自校で調理

食の創造館(中新田)で調理した件が2件ありますが、いずれも材料の業者の清掃用ブラシの混入ということです。

2014年1月が海老名市初混入で、その後立て続けに混入というのが気になりますが、人件費削減やコスト軽減の結果で、発注する側も「相見積もり」とか「入札」とかしてりゃ、そりゃそういうことも起きますよねという気もします。

昔じゃ考えられなかったのですが、小泉政権下で竹中平蔵が行った「不景気推進策」の結果、給食費を払えない家庭がニュースになるようになりました。1日300円でも、7000円以上になります。それでも苦しい家庭が増えているご時世に、小泉純一郎&竹中平蔵の極悪コンビはどう思っているのでしょうか?

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。