【究極のお土産】天然記念物「インギー鶏」(インギー地どり)種子島

Sponsored Link


インギー鶏は種子島で生息する鶏で天然記念物に指定されています。

メニュー
インギー鶏刺身定食 1500円
インギー丼 800円
インギー焼き鳥 600円
インギー刺身 1000円

その食用鶏もあって、種子島の南種子町の名産となっています。食用は「インギー種子鶏」という商標で流通しています。

イギリスから伝来した鶏ということで、言いやすいように「インギー鶏」となったといわれています。

美の吉
鹿児島県熊毛郡南種子町中之上2264−4
http://minokiti.main.jp/index.html

種子島で食べられる「インギー鶏」


種子島では食堂にあるなどメジャーな存在です。ただ、遠いので泊りがけでないと、なかなか行けません。

種子島には全室天然温泉付きという「サンダルウッド(Sandal Wood)」というホテルがあるのですが、「インギー鶏」の料理も食べられるので、おススメです。こちらはレストランの利用だけでも大丈夫です。

sec01_img_02

温泉は「かけ流し」の美人の湯。アルカリ単純温泉に微炭酸という珍しいお湯です。2009年オープンの比較的新しいホテルです。

レストランは「自家製農園」の無農薬野菜である「安納芋」「赤米」などを使っており、幻のインギー鶏も食べられるというレストランです。

インギー鶏御前 2000円くらい
インギー鶏定食 1500円くらい

サンダルウッド(Sandal Wood)
鹿児島県熊毛郡南種子町中之上525
http://www.hotel-sandalwood.com/index.html

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。