【珍味ゴングリ】九州宮崎の「ゴングリ」を使った漁師料理が食べられる店

Sponsored Link

珍味と呼ばれ出荷量も少ない「ゴングリ」はマグロの貴重部位で「まぐろの胃袋」のことです。いわゆる、魚のホルモンです。では、その九州宮崎の「ゴングリ」を使った漁師料理が食べられる店はどこなのでしょうか?

調査してみました。

九州宮崎の「ゴングリ」


2014-11-05_173412

ゴングリ」はマグロの貴重部位で「まぐろの胃袋」のことです。

食感はスポンジのようなものですが、クセがないため甘く煮付けたものが地元では食されています。

地元や日向灘沿いの日南市ではスーパーなどでも売られており、1パック400円程度で販売されています。

あまり知られていないためか、売る気もさらさらないのか、日南市の観光サイトでちょろっとくらいしか紹介されていません。

九州宮崎の「ゴングリ」を使った漁師料理が食べられる店

2014-11-05_174201

写真は「海の駅ほそしま」さんの「ごんぐりかき揚げ丼」(650円)

食べられるお店はいくつかあり、「海の幸 山の幸 びびんや」さんや「海の駅ほそしま」で、「ゴングリ」を使った郷土料理を提供しているようです。

宮崎県日南市油津西町2-6-3
URL:http://bibinya.com/

宮崎県日向市細島769−4
URL:http://www.jf-hyugashi.jp/

画像は公式サイトより

Sponsored Link


【宮崎名産珍味】雲海物産 鶏のささみくんせい【黒胡椒味】 20g×10個1セット【オススメ】

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。