【南大東島名物】珍味「ヤシの塩辛」、タダ食材「ダルマ」、絶景鍾乳洞「星野洞」

Sponsored Link


フード担当です。
そろそろ寒くなって、京都市の北部の方には行けなくなる季節になりました。峠を越えると雪降ってたという世界なので、日本海側は来年の4月くらいまでは行くのは控えることになりそうです。となると、最近話すことと言えば、南の方の話題になります。

そんなわけで、温泉担当と「南の島とか行きたいねぇ~、淡路でもいいよねぇ~」とか話していたのですが・・・・(注:淡路島は南ではありません)

沖縄の東海上、それも300キロくらい離れたところに「南大東島」があって、そこには「ヤシの塩辛」があると言うのです。(とさきほど聞きました)

さすが南国!!

南大東島の「ヤシの塩辛」


ヤシといえば

2014-10-26_171923

です。

まさか、葉っぱ食べるほどの困窮してないでしょうから、ヤシの実を食べるのでしょう。

と思って調べてみたら。。。

ヤシの塩辛
ヤシの塩辛は○カジャコの学名を持つ小魚を塩で漬け込み仕上げた素朴な塩辛。
材料の小魚は季節もので限定があり貴重な商品。
http://www.vill.minamidaito.okinawa.jp/product.html

サカナじゃないですか!!(笑)

2014-10-26_172212

ばっちり、騙されました。(犯人は温泉担当)
ちなみに、現地でしか買えないようです。

大東寿司と大東そば


南大東島名物といえば、「大東寿司」「大東そば」です。

これは、さすがに私も知っています。沖縄で食べたことがあるのですが、マグロやサワラを漬けた寿司です。ヅケですね。

この辺りの島は当然サカナが美味しいのですが、石垣島に行った時には、本土で食べる刺身とは次元が違うのに驚いたものです。なんというか、色に澱みがないというか、まるでゼリーみたいにツヤツヤした切り身を見て感動したことがあります。ただ、脂のノリはそうでもありませんでした。そういうことからか、味付けのためにヅケにしたようですが、個人的には脂のコクのあるものが好きですね。そもそも、これ「江戸前寿司」が伝わったものなんです。

大東そばも沖縄で食べられますが、東南アジアで食べられているような薄いダシスープのうどんみたいなものです。あまり、好みではありませんでした(笑)。

食べたら大変!危険「ダルマ」(深海魚)の刺身


「大東島」近海で、おいしいと言われる深海魚が「ナワキリ」という魚で、これはよくテレビで紹介されています。一度、食べてみたいお魚です。脂身がおいしいと言われています。から揚げとか焼いたものがおいしいと聞いており、行ったら食べたいおさかなです。

ただ、それ以上に最近有名なのが、「食べるとオムツが必要」と言われる幻の魚「インガンダルマ」(通称「ダルマ」)という深海魚です。

大トロみたいな脂のノリと言われますが、人が消化できない油なので、食べ過ぎるとオムツが必要(そのまま出てくるから)という話は結構有名です。一応、販売禁止なので、地元で食べられているだけですが、観光でも地元や沖縄では要望して、あれば食べることは可能のようです。(それもタダで、タダ食材とかうらやましいです。)

なんか、濃いめのビンチョウマグロみたいですね。なお、食べ過ぎなければいいだけの話で、食べたらダメという話ではないです。売ったらダメという話です。

星野洞と絶景地底湖


南大東島はサンゴの島で、石灰岩がほとんどですが、そのため鍾乳洞は、鍾乳洞らしい風貌になっています。入場料は800円。

周囲は主要産業のサトウキビ畑で、その中にありますが、そもそも観光客なんてほとんど来ないためか、保存状態が非常によろしいとの噂です。

さらに、島には120個ほどの鍾乳洞があるそうですが、中には地底湖があるとも言われています。

絶海の孤島「南大東島」でドキドキの地底湖探検
http://cp.okinawastory.jp/ritohaku/post/4358

天然のプールのような地底湖です。

星野洞
島尻郡南大東村北 64
入場料:800円
http://www.okinawastory.jp/view/portal/0600007475/

どうすれば行けるのか?


大手で「南大東島」とかツアーあるわけがないので、那覇から飛行機で2万円くらいでした。船便もあるけど15時間ほどかかります。ただ、安いので6000円くらいでした。バイクなども積める船です。

那覇まで行くのも遠いので、とりあえず、今のところは「淡路島でも行くか」みたいな話で落ち着いています(笑)。

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。