産直市場えきまちマルシェ 2019年4月25日閉店(えきまちテラス長浜)

JR長浜駅の商業ビルにある「産直市場えきまちマルシェ」が2019年4月25日で閉店することとなりました。滋賀県長浜市が筆頭株主となっている第三セクター経営で年間赤字が4千万円となっており、継続営業は無理だと判断したようです。

広告

産直市場えきまちマルシェ 2019年4月25日閉店


JR長浜駅東口「産直市場えきまちマルシェ」が閉店

JR長浜駅東口「産直市場えきまちマルシェ」が閉店

JR長浜駅の東口で開業した「えきまちテラス長浜」の1階で長浜市の農産物や特産品を販売していた店舗「産直市場えきまちマルシェ」が2019年4月25日に閉店することになりました。

産直市場えきまちマルシェの開業は2017年7月、わずか1年9ヶ月での閉店となります(ベーカリーコーナーは3がtル31日で終了済)。

※ただし、2019年4月27日~5月6日のGW期間中のみ限定オープンする予定です。

第三セクター経営で年間4千万円の赤字による閉店

第三セクター経営で年間4千万円の赤字による閉店

滋賀県長浜市が筆頭株主となっている第三セクター経営の店舗でしたが、年間赤字は約4千万円となっており、収益の見通しがたたないという理由で閉店となります。

駅前再開発によって開業した「えきまちテラス長浜」ではありましたが、観光客の流入などは少ないイメージがある長浜では継続した売上の計上は難しかったようです。

地域の特産物を売ってますだけでは駄目(産直市場えきまちマルシェ店内)

地域の特産物を売ってますだけでは駄目(産直市場えきまちマルシェ店内)

こういった事例は地方としではよく見られることで、ハコを用意するのは難しいことではありませんが、そこへの導線を用意できていない事例が数多くあります

個人的な見解ですが、行政の役割は観光客や店舗を誘致することだと思います。

行政みずからハコを用意するのではなく、導線を敷くことに注力すべきだったのではないでしょうか。

えきまちテラス長浜 への行き方(アクセス方法)


JR長浜駅東口「えきまちテラス長浜」この一階にあります

JR長浜駅東口「えきまちテラス長浜」この一階にあります

産直市場えきまちマルシェがあるのはJR長浜駅の「えきまちテラス長浜」一階です。

駅直結なので便利ですが、人はあまりいません。

長浜市は魅力的な町ではあるものの、テレビで紹介されることは少なく、紹介されるとしても有名な店舗3店舗ほどだけです。

常に新しい魅力を地域は発信したいと思いますが、メディアによる地方の紹介が超有名店に限定されているのも、こういった店舗が閉店するひとつの要因だと思います。

滋賀県長浜市北船町3−24
営業時間:10時~18時
定休日:不定休
公式サイト:https://www.ekimachinagahama.com/


実食レビューや新店情報、テレビで紹介される商品や店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。