金色の輝く卵「ゴールデンエッグ」

烏骨鶏ゴールデンエッグ @岐阜県が『所さんお届けモノです』で紹介

黄金色をした「烏骨鶏ゴールデンエッグ」が、2018年12月9日放送『所さんお届けモノです!』で岐阜県のご当地グルメとして紹介されます。国の天然記念物「烏骨鶏」の卵を味付き燻製卵にした商品で、贈答用などで喜ばれる「福」をキーワードにした黄金色の卵になっています。
Continue reading

比良の里卵で作った絶品卵かけご飯!卵臭さが一切ナッシング!

滋賀県「比良の里卵」と島根県「飯南米」で絶品卵かけご飯を作る!

滋賀県の比良(ひら)に絶品でものすごく美味しい卵がありました。その名も「比良の里卵」で中村養鶏場さんで作っているピロール卵のことです。この「比良の里卵」卵臭さが全く無いのに卵のコクがものすごい卵なのですが、これに島根県の特別栽培米「飯南米」を使い極上の卵かけご飯を作ってみました。
Continue reading

三浦春馬さんがお気に入りの秋鹿酒造「山廃 奥鹿」(熟成)

秋鹿酒造 山廃奥鹿 @大阪府能勢町「三浦春馬さんお気に入り日本酒」実飲レビュー

三浦春馬さんお気に入り日本酒が大阪府能勢町にあります。秋鹿酒造さんの「山廃奥鹿」という日本酒です。自分たちで米造りから行っている1886年創業という老舗酒造で、奥鹿という銘柄をさらに熟成させたのが「山廃奥鹿」というプレミアム日本酒です。
Continue reading

やすだ屋(三重県菰野町)

やすだ屋 @三重・菰野町「生活骨董とパンの店」レビュー【人生の楽園】

2018年10月13日放送の『人生の楽園』で紹介される「やすだ屋(安田屋)」さんのレビューです。三重県菰野町にある「コダワリ骨董品と高級食材パンの店」で2012年開業のお店です。ご主人的には生活骨董のお店らしいのですが、最近は奥様の手づくりパンでよく知られているそうです。
Continue reading

滋賀県近江八幡市の道の駅で売られていた「新米塩おにぎり」

新米塩おにぎり @守山市「米処で食べる新米おむすび」実食レビュー

滋賀県の近江産米で作る「新米塩おにぎり」を食べて来ました。秋の味覚といえば「新米」で、その米を使った塩おにぎりが道の駅などで売られる季節です。地元の味をPRする商品として「新米塩おにぎり」を食べ比べてみると各地で違いがあって面白いものです。
Continue reading

SABAR 小浜田烏店の「よっぱらいサバ」チラシ

よっぱらいサバ が食べられる店はどこ?「SABAR(サバ)」の店舗・営業情報【青空レストラン】

福井県小浜市の新名物「よっぱらいサバ」が青空レストランで紹介されるようです。現状「よっぱらいサバ」を食べることができるお店は「SABAR 小浜田烏店」のみですが、京都の酒粕を餌に混ぜて養殖したサバということで注目されている新名物です。
Continue reading

琵琶湖に住む固有種ビワマス

びわ湖の珍味魚「ビワマス&ブラックバス」まとめ!青空レストランでも紹介

今回は2018年9月22日に放送される『満天☆青空レストラン』で紹介される食材「ビワマス」に「ブラックバス」の実食レビューや食べられるお店の紹介です。ビワマスというのは琵琶湖水系にしか生息しない国産の魚(固有種)で、サケ科なので味はサーモンに似ています。滋賀県の湖北(長浜や彦根)で観光用にメニュー化されていることが多く、湖南でも道の駅で食べられるお店があります。
Continue reading

「ビワイチ発酵ゼリー」滋賀県でよく見るやつ

ビワイチ発酵ゼリー @滋賀県「名物の鮒寿司がスポーツドリンクに!」実食レビュー

ビワイチ発酵ゼリー滋賀県で売られている謎のスポーツドリンクを入手しましたので実食レビューしたいと思います。ビワイチというのは「琵琶湖一周」という意味なのですが、サイクリングで琵琶湖一周をする際に飲むスポーツドリンクです。
Continue reading

ちょっとまって!そのタコ飯は「干しダコ」ですか?

干しタコ たこめし @明石市「生だこより圧倒的に美味しいタコ飯」半夏生に実食レビュー

今回は兵庫県明石市の「タコ飯」を紹介したいと思います。ちょうど7月2日は雑節で「半夏生(はんげしょう)」ということで、関西ではタコを食べる習慣があります。タコ飯といっても、やはり食べたいのは「干しダコ」のタコ飯です。でも、今は干しダコのタコ飯は希少なんです。
Continue reading

明石ダコが入った明石玉子焼

今中 明石焼 @明石市「明石ダコを使った本物の明石玉子焼」実食レビュー

今回は「明石ダコを使った本物の明石玉子焼」を食べに、兵庫県明石市まで遠征してきました。明石だったらタコは当然「明石ダコ」と思ったら大間違いで、今は地元でも希少な食材なのです。行ったのは「明石玉子焼 今中(いまなか)」さんというお店です。
Continue reading