京都のカモを『志村どうぶつ園』が密着!どんなカモの種類なのか?

京都のカモの引っ越しが7月22日放送『天才!志村どうぶつ園』で取り上げられます。6月11日に左京区「要法寺」に住む数羽のカモ(アイガモ)が鴨川へ引っ越したのが話題になったのですが、当日は『志村どうぶつ園』のスタッフも目撃されており取材していました。

とはいえ、一概に「カモ」といっても種類が多くてややこしいのです。

広告

京都のカモを『志村どうぶつ園』が密着


京都の鴨川にはカモをはじめ多くの野鳥がいます

京都の鴨川にはカモをはじめ多くの野鳥がいます

7月22日放送の『天才!志村どうぶつ園』で、京都の引っ越しするカモに密着取材した様子が放送されます。

毎年報じられていますが、今年の6月11日に左京区「要法寺」に住み着いている数羽が鴨川に引っ越したと報道されており、その際に『天才!志村どうぶつ園』のスタッフも目撃されていました。

ちなみに、上の写真は出町柳の「鴨川デルタ」ですが、この辺りから北に行くほど鳥は多くなってきます。

6月11日の引っ越しでは、カモの種類が産経新聞の報道では「マガモ」となっていましたが、その他の新聞社では特定せずに「カモ」となっていました。

よく「カルガモの引っ越し」も話題になったりしますが、カモの種類の違いはかなり区別が難しいと言えます。

マガモ


マガモはクチバシが黒く、体毛は茶色

マガモはクチバシが黒く、体毛は茶色

上の写真は若い「マガモ」で、クチバシが全体的に黄色くなる前の状態です。(上辺が少し黒い)

幼いマガモはクチバシが黒いので、クチバシが黒くてもマガモの場合があります。

上の写真はメスのマガモで、生殖羽(せいしょくう)という繁殖期に見られる美しい羽毛の状態です。

クチバシは黄色い(若いと少し黒が上辺に残る)
体毛は茶色
繁殖期の雄は黄色のクチバシで頭部が緑色
マガモを家畜にして品種改良したのが「アヒル」
マガモとカルガモの雑種「マルガモ」という似た鳥もいる

繁殖期の雄は黄色のクチバシで頭部が緑色(2017年5月28日鴨川)

繁殖期の雄は黄色のクチバシで頭部が緑色(2017年5月28日鴨川)

幼いマガモはクチバシが黒く、体毛は茶色

幼いマガモはクチバシが黒く、体毛は茶色

カルガモ


カルガモはクチバシの先端が黄色い

カルガモはクチバシの先端が黄色い

上の写真は「カルガモ」です。

よく「カルガモの引っ越し」が話題になったりしますが、特徴は「クチバシは黒いが先だけ黄色」という点です。

クチバシは黒いが先だけ黄色
体毛は茶色
目のところのラインが白く目立つ

アイガモ

アイガモは今年も6月11日に京都の要法寺に住み着いている数羽が鴨川に引っ越したと報道されています。

産経新聞では「アイガモ」と報道していますが、その他では「カモ」と表記されています。

「アイガモ」は雑種というか交配種です。

アイガモはマガモと似ていて識別が難しいのですが、クチバシが黒色であるのが違いです。(マガモも幼い時期はクチバシが黒)

ただし、要法寺に住み着いているアイガモはクチバシにややオレンジ色が残っています。

カモは種類が多く見分けが難しい上に雑種もいるので「カモ」も「アイガモ」も交配種であることを意味しているんだと思われます。

なお、食用である交配種である本来の「アイガモ」は「鴨南蛮うどん」に使われるのですが、実際に使われるのは「アヒル肉」がほとんどです。

クチバシが黒色
体毛は茶色
マガモとアヒル(家鴨)の雑種
アヒルはマガモを家畜にして品種改良した鳥
家畜なので本来は野生ではない

なお、カモについては「決定版 日本のカモ識別図鑑日本産カモの全羽衣をイラストと写真で詳述」という書籍が詳しいです。

広告


決定版 日本のカモ識別図鑑日本産カモの全羽衣をイラストと写真で詳述【電子書籍】[ 氏原巨雄 ]

志村どうぶつ園 7月22日 予告


志村どうぶつ園 7月22日 予告は以下のとおりです。

京都の街中を1km歩いて引越すカモの親子に長期に渡って24時間密着!知られざれる生態…次々と襲いかかる危険…さらに引越しを始めた親子に意外な展開が!
京都市街地のど真ん中、しかも1kmにも及ぶ距離を歩いて引越すというカモの親子に24時間密着!1か月半に及ぶ長期取材で見えてきた知られざる生態…次々と襲いかかる危険…さらに引越しを始めた親子に意外な展開が…!母の愛と知恵を感じる感動巨編です!▽志村園長がプリンちゃんに知育グッズをプレゼント!すると予想外のその内容にプリンちゃんが…▽DAIGOはワニだらけの動物園にいる珍獣マナティに会いに…


テレビで紹介される商品や店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。また、撮影ロケ地などの情報で地元が盛り上がる点に着目し、どのような地域がロケ地になるのかなどを参考にして、地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。