志村けん 台湾の繁華街・万華区(ばんかく)で『天才!志村どうぶつ園』の撮影ロケ

志村けんさんが3月1日16時頃に台湾の万華区(ばんかく)で目撃されています。『天才!志村どうぶつ園』の撮影ロケと思われ、南国の激甘フルーツ「釈迦」もしくは「鳳梨釈迦(アテモヤ)」らしき果実を食べているのが目撃されていました。複数目撃が同時にあるので間違いなさそうです。

ということで『天才!志村どうぶつ園』は海外ロケですね。

広告

志村けんさんが台湾の繁華街・万華区(ばんかく)で目撃される

3月1日 16時過ぎに志村けんさんとチビちゃんが、台湾で『天才!志村どうぶつ園』の撮影ロケをしているのが複数目撃されています。

場所は、台湾の「小牛匠」というステーキ屋さんの前ですが、繁華街で「万華区(ばんかく)」というショッピングストリートです。

目撃情報はまだ少ないですが、同時に複数目撃が出ています。

日本時間で16時台に目撃されており、台湾で売られている「アテモヤ」という超甘いフルーツを食べていると思われます。

台湾の激甘フルーツ「鳳梨釈迦(アテモヤ)」


木になる森のアイスクリームと言われる「アテモヤ」

木になる森のアイスクリームと言われる「アテモヤ」

志村けんさんが食べているのは「アテモヤ」だと思われ、アテモヤは木になる森のアイスクリームと言われるものです。

日本だと沖縄で栽培もされている暑い地域の激甘フルーツです。

釈迦
鳳梨釈迦(アテモヤ)

台湾では「釈迦」とか「鳳梨釈迦」という名前で売られているのですが、「鳳梨釈迦」は「チェリモヤ」と「釈迦」を交配させたフルーツです。

日本では「アテモヤ」と呼ばれています。

「アテモヤ」については、こちらの記事が詳しいです。


沖縄恩納村の木になる森のアイスクリームアテモヤ」が3月1日放送の『1億人の大質問!?笑ってコラえて!』で紹介されます。「アテモヤ」は糖度20~25度のマンゴーより甘いと言われる奇跡のフルーツで「かなり甘い」のが特徴です。


Twitterの口コミや感想


テレビで紹介される商品や店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。また、撮影ロケ地などの情報で地元が盛り上がる点に着目し、どのような地域がロケ地になるのかなどを参考にして、地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。