80万円のラーメン定食 麺屋 宮坂商店 @長野県諏訪が『月曜から夜ふかし』で紹介

世間には80万円のラーメン定食があるらしく、2月20日放送『月曜から夜ふかし』で紹介されます。紹介されるのは長野県諏訪にある「麺屋 宮坂商店」さんと思われ、80万円の「ロマネ・コンティ定食」と2万円の「ドンペリ定食」が紹介されるようです。

では、この80万円のラーメン定食とはどこで食べられるのでしょうか?

広告

80万円のラーメン定食


世間には80万円のラーメン定食があるらしい

世間には80万円のラーメン定食があるらしい

2月20日放送『月曜から夜ふかし』で高すぎるお店を紹介すると予告されているのですが、その中に「80万円の定食とは?」という超高額な定食の予告がありました。

80万円の定食」というのはさすがに尋常ではないのですが、このネタはものすごい前ですがテレビで紹介されたことがあります。

長野県下諏訪町にあるラーメン店「麺屋 宮坂商店」に、とある「頼みづらいメニュー」があるのですが、それが今回紹介される「80万円の定食」だと思われます。

そのメニューとは「ラーメン定食」なのですが、あの「ロマネ・コンティ」が付いてくるというラーメンです。

ロマネ・コンティ定食 80万円


ロマネ・コンティとドンペリといえばお高いお酒です

ロマネ・コンティとドンペリといえばお高いお酒です

長野県下諏訪町にあるラーメン店「麺屋 宮坂商店」には「ロマネ・コンティ」や「ドンペリ」が付いたラーメン定食があって、その価格が80万円になっています。

撮影ロケは1月31日に「麺屋 宮坂商店 上諏訪駅前店」で行われたようです。

ロマネ・コンティ定食 80万円
ドンペリ定食 2万円

いずれも「ラーメン餃子ライス」が付いてくる定食で、お値段のほぼほぼが「ロマネ・コンティ」と「ドンペリ」のお値段です。

ロマネ・コンティ」もピンキリですが、高いものだと300万円するものもあります。普通でも20万円近い価格で販売されています。

ドンペリ」でだいたい1万5000円程度です。

2006年に販売開始して「ロマネ・コンティ定食」は一度もオーダーがあったことがないという話が、2010年11月17日放送の『ナニコレ珍百景』でも紹介されたことがあります。

広告


[2005] ロマネコンティ Romanee Conti ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ DRC

麺屋 宮坂商店 基本情報

では、この80万円のラーメン定食とはどこで食べられるのでしょうか?

お店は「下諏訪本店」と「上諏訪駅前店」の2つあります。

ちなみに長野県は「下諏訪」が上にあって、「上諏訪」が下にあるのですが、「上諏訪」というのは「諏訪市」で、諏訪市の北にあるのが「諏訪郡下諏訪町」なので上下逆転という地名になっています。

ちなみに、お店自体はごくごく普通のラーメン店です。

長野県諏訪市諏訪1丁目2−3(地図
営業時間:11時~14時、16時~25時
定休日:日・祝

長野県諏訪市下諏訪町高木10616(地図
営業時間:11時~14:30、17:30~21:30(土日は通し営業、日曜は21時まで)
定休日:不定休

Twitterの口コミや感想

月曜から夜ふかし 2月20日 予告


月曜から夜ふかし 2月20日 予告は以下のとおりです。

関ジャニ村上とマツコが話題の件をあれこれ語り合う…今夜はJR中央線を徹底調査。南北問題を抱える三鷹、勢いに乗っておごる立川/優しいジャイアン、お食事処を開きたい
今夜の夜ふかしは…(1)中央線を徹底調査。ロックな高円寺、芸人の多い阿佐ヶ谷、住みたい街吉祥寺、南北問題を抱える三鷹、おごる立川、くにたち?こくりつ?ややこしい問題(2)○○すぎる○○を調査。高すぎるシャンプーはハゲに効果あるのか?80万円の定食とは?気前の良すぎる蕎麦屋とは?そして、優しいジャイアンがお食事処を開きたい問題(3)様々なプロジェクト調査…4トンの豆をまく豆まきに潜入、おっぱいに向かって投げる男


「月曜から夜ふかし」で紹介されたお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。