萩乃露酒造 @滋賀県高島市「江戸時代中期創業!老舗の酒蔵」が『笑ってコラえて』で紹介

9月20日放送『笑ってコラえて!世界の絶景2時間SP』で滋賀県高島市「江戸時代中期創業!老舗の酒蔵」が紹介されるのですが、所ジョージさん自身が江戸時代中期、寛延年間(1748年~51年)に創業された「萩乃露酒造」さんへ行ったようです。

ということで、我々も「萩乃露酒造」さんへ行ってきました。

広告

江戸時代中期からある老舗の酒蔵が『笑ってコラえて』で紹介


滋賀県高島市の「萩乃露酒造」さんが所さんの番組で紹介されます

滋賀県高島市の「萩乃露酒造」さんが所さんの番組で紹介されます

9月20日放送『笑ってコラえて!世界の絶景2時間SP』で、滋賀県高島市にある老舗の酒蔵「萩乃露酒造」さんが紹介されるようです。

萩乃露酒造」さんは、江戸時代中期、寛延年間(1748年~51年)に創業されたという正真正銘の老舗酒造です。

創業時から「滋賀県高島市勝野」で酒造りをしている所で、「萩乃露」という日本酒を作られています。

今回は、この「萩乃露酒造」さんが『笑ってコラえて!』で紹介されるというので、早速行ってみました。

萩乃露酒造(滋賀県高島市)へ行ってきました


萩乃露酒造(滋賀県高島市)立派なお店です

萩乃露酒造(滋賀県高島市)立派なお店です

萩乃露酒造(滋賀県高島市)さんは、今でも創業時と変わらない酒蔵さんで、琵琶湖の湖畔で260年以上も日本酒を作っておられるお店です。

店内では、当然ですが日本酒を販売しており、昔ながらの酒蔵の雰囲気そのままで、逆にお店という感じがしないのが良い感じの店内です。

お店の方に聞いたところ「突然いらっしゃいました」とのことで、ダーツの旅というのは本当に行き当たりばったりなんだなというのがよく分かりました。

店内の様子(撮影許可済)

店内の様子(撮影許可済)

さて、ここに所ジョージさんが来たということで、お店の方に「所さんが何を飲んだのか」を聞いてみました。

すると・・・・

・れもん酒、みかん酒、うめ酒
・渡船(純米吟醸)
・萩乃露(はぎのつゆ)

などを飲まれたということでした。

幻の酒米「渡舟(わたりぶね)」を使った純米吟醸「渡船」は720mlで1836円(税込)という、なかなかのお値段です。

フルーツのお酒、おいしそうです

フルーツのお酒、おいしそうです

幻の酒米「渡舟(わたりぶね)」を使った純米吟醸

幻の酒米「渡舟(わたりぶね)」を使った純米吟醸

冷蔵庫にあるものはだいたい飲まれたようです

冷蔵庫にあるものはだいたい飲まれたようです

なお、写真はお店の方に許可をいただいた上で、冷蔵庫を開けていただいた状態で撮影しております。

広告


萩乃露 通販

萩乃露酒造(滋賀県高島市)で萩乃露を実食レビュー


萩乃露(純米酒)を買って帰りました

萩乃露(純米酒)を買って帰りました

日本酒大好きなので、純米酒「萩乃露」を買って帰ることにしました。

滋賀県のお米を使った純米酒で、720mlで1058円(税込)と比較的お手軽な日本酒です。

一番デフォルトのお酒ということで飲んでみたところ、純米酒の香りがする辛口の美味しいお酒でした。

私は「酒は辛口」という好みなので、純米酒より辛口を飲むのですが、純米酒にほど近い清酒という感じで、ワイルドな酒の味がしつつも、香りも良いというお酒でした。

最近、コンビニで買ったのしか飲んでいなかったので、ひさしぶりに日本酒らしい酒を飲んだ気がしましたよ。

萩乃露酒造 基本情報


萩乃露酒造 外観

萩乃露酒造 外観

さて、「萩乃露酒造」さんの場所ですが、JR湖西線「近江高島駅」の北口にあります。

駅からも近いので、歩いていくことができます。

駐車場もあり自家用車でも問題なく行けますので、もしお近くを通った際には立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

近江あまごの里(別記事で紹介)
・萩乃露酒造 ← 今回の記事
・大溝城跡付近(港)
・萩の浜水泳場付近

なお、所さんは他にも「近江あまごの里」さんへ行ったそうです。(そちらの紹介記事はこちらです

滋賀県高島市勝野1387−1
営業時間:8:30~17:30
定休日:日祝
URL:http://www.haginotsuyu.co.jp/

笑ってコラえて 9月20日 予告


『笑ってコラえて!世界の絶景2時間SP』 9月20日 予告は以下の通りです。

毎年春と秋の2回の恒例行事、番組の顔である所ジョージがダーツの刺さった町や村へ行くスペシャル企画。
今回所さんが向かったのは「日本一の湖」琵琶湖の畔にある町「滋賀県 高島」!
ところどころに、美しき日本風情が残るこの町で、まず目を引くのは、なんと言っても「琵琶湖」。
湖と言えど、見た目はまるで海!地元の人のみならず、他県からふらっと素潜りに来てしまうような人たちもいるんだとか。
さらには家の前に湖裏に池を構えるご夫婦とお話をしたり、江戸時代中期からある老舗の酒蔵を訪れるなど、古き良き歴史情景、町人との“ふれあい旅”に爆笑と癒しを与えられること間違いなし!


「笑ってコラえて」で紹介されたお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。