近江あまごの里 @滋賀県高島市「所さん ダーツの旅」で紹介

8月初旬の土曜日に、滋賀県高島市のJR湖西線「近江高島駅」周辺で、タレントの所ジョージさんが目撃されています。9月20日放送『笑ってコラえて!世界の絶景2時間SP』の撮影ロケということで、所ジョージさん自身が「日本列島ダーツの旅」をするという企画です。

どうやら、高島市の「近江あまごの里」へ来たようですよ。

広告

「日本列島ダーツの旅」で滋賀県高島市が紹介


琵琶湖バレイから見た滋賀県高島市

琵琶湖バレイから見た滋賀県高島市

タレントの所ジョージさんが、滋賀県高島市で「日本列島ダーツの旅」の撮影ロケをしに来たそうです。

まさかの「滋賀県高島市でダーツの旅」ですが、事前調査では、JR湖西線「近江高島駅」周辺で目撃されているのが分かっています。

9月20日放送『笑ってコラえて!世界の絶景2時間SP』で放送されるとのことなので、我々も事前に高島市まで行ってみることにしました。

JR湖西線「近江高島駅」で目撃されています

JR湖西線「近江高島駅」で目撃されています

調べたところ、8月の第2週の土曜に、所ジョージさんが「滋賀県高島市」の南部で目撃されていました。

現地で調べたところ、以下の場所であることが判明しています。

・近江あまごの里 ← 今回の記事
萩乃露酒造(別記事で紹介)
・大溝城跡付近(港)
・萩の浜水泳場付近

見るところがあまりないエリアなので大変だったとは思いますが、撮影ロケの日は地元の方が「次どこに行くんですか?」とスタッフに聞いても・・・・

このあたりです

としか言わなかったそうです。

行き当たりばったりというのは本当みたいで、実際に所さんが来たところで話を聞いたところ・・・・

突然来ました

とおっしゃっていました。

所さんが見たと思われる場所へ


だいたいこんな風景の場所です

だいたいこんな風景の場所です

ということで、所さんが行ったという「近江あまごの里」なのですが、近江高島駅から見て「岳山」の裏にある集落にあります。

山間部に鴨川という一級河川が流れる集落で、少し広めの平野に田んぼが広がっているような場所です。

いかにも「ダーツの旅」で行きそうな場所と言えます。

伊黒集落

伊黒集落

道は一本なので「伊黒集落」などを見ながら、山のほうへ向かいます。

村人はほとんどおりませんが、時おり人の姿が遠くに見えるような過疎の集落です。

所さんが何を見たのかはわからないのですが、ところどころに妙なものがありましたので、とりあえず載せておきます。

「雷さまの忘れもの」というゲージツがありました

「雷さまの忘れもの」というゲージツがありました

ガリバー旅行村

ガリバー旅行村

村人っぽいオブジェ

村人っぽいオブジェ

近江あまごの里


近江あまごの里

近江あまごの里

ということで、こちらが「近江あまごの里」です。

もっと奥に「ガリバー旅行村」という青少年向けのキャンプ場もありますが、こちらでは「あまごいわなにじます」などが養殖されており釣りなどができるキャンプ場のような所です。

通年無休で、入園自由という施設です。

釣りとバーベキューも料金がかかりますが、それらができる施設になっていました。

ここで、所さんも釣りをしたのかもしれませんね。

滋賀県高島市 鹿ケ瀬952−1
URL:http://oumiamago.com/

笑ってコラえて 9月20日 予告


『笑ってコラえて!世界の絶景2時間SP』 9月20日 予告は以下の通りです。

毎年春と秋の2回の恒例行事、番組の顔である所ジョージがダーツの刺さった町や村へ行くスペシャル企画。
今回所さんが向かったのは「日本一の湖」琵琶湖の畔にある町「滋賀県 高島」!
ところどころに、美しき日本風情が残るこの町で、まず目を引くのは、なんと言っても「琵琶湖」。
湖と言えど、見た目はまるで海!地元の人のみならず、他県からふらっと素潜りに来てしまうような人たちもいるんだとか。
さらには家の前に湖裏に池を構えるご夫婦とお話をしたり、江戸時代中期からある老舗の酒蔵を訪れるなど、古き良き歴史情景、町人との“ふれあい旅”に爆笑と癒しを与えられること間違いなし!


「笑ってコラえて」で紹介されたお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。