羽後ブラック @秋田県羽後町(うごまち)の最高級キュウリ

Sponsored Link

ブラックダンボールの羽後町産キュウリ「羽後ブラック(うごぶらっく)」がテレビで紹介されるそうです。9/14『ダーツの旅』の中で秋田県羽後町の特産品などが多数紹介されるのですが、その中で紹介されると言われています。

では、キュウリ「羽後ブラック(うごぶらっく)」とはどんなキュウリなのでしょうか?

秋田県羽後町(うごまち)の最高級キュウリ


秋田県羽後町(うごまち)の羽後ブラックがテレビで紹介

秋田県羽後町(うごまち)の羽後ブラックがテレビで紹介

秋田県羽後町のキュウリが『1億人の大質問!?笑ってコラえて!』で紹介されると地元で告知されています。

放送は9/14とのことで、『ダーツの旅』で秋田県羽後町の特産品などが多数紹介されるとありました。

(1)羽後ブラックきゅうり
(2)西馬音内盆踊り
(3)かき揚げそば
(4)秋田牛ステーキ

羽後ブラック(うごぶらっく)

羽後ブラック」(うごぶらっく)は、まっすぐな形をしたキュウリのことで、市場では一番高い値段をつけるという最高級キュウリのことです。

その価格は一般のキュウリの約2倍のお値段です。

まっすぐであることがブランドとして重要視されており、9ミリ以上曲がったキュウリは「羽後ブラック」と名乗ることができません。

一般的にスーパーなどで売られているキュウリは「C級品」と呼ばれる曲がったキュウリですが、「羽後ブラック」では曲がりが1ミリ~9ミリのものが「B級品」で、まったく曲がっていないキュウリを「A級品」として出荷しています。

(1)羽後町元西地区の高橋幸基さんが生産
(2)みずみずしいキュウリで知られる
(3)曲がりが9ミリ以下のもの
(4)黒い箱に入っていることから羽後ブラックと呼ばれる

生産者は羽後町元西地区の農家で高橋幸基さんです。

実際にキュウリが黒いわけではなく、箱が黒い箱であることから「羽後ブラック」という名前で呼ばれています。

市場ではすぐに買い手がつくということで、通販などでは入手困難だと言われています。


テレビで紹介される商品や店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。また、撮影ロケ地などの情報で地元が盛り上がる点に着目し、どのような地域がロケ地になるのかなどを参考にして、地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。