田酒 @青森市唯一の酒蔵で獺祭をしのぐ銘酒「田酒」が『旅サラダ』で紹介か

Sponsored Link

女優の手塚理美さんが初冬の青森を旅するという企画が12月10日放送の朝の情報番組『朝だ!生です旅サラダ』で放送されます。たぶん「八食センター」で食べることができる「自分でつくる海鮮丼」や青森市内唯一の蔵元「西田酒造店」が作る入手困難の「田酒」(でんしゅ)も紹介されるかなと思います。

では「八食センター」や「田酒(でんしゅ)」とはどのようなものなのでしょうか?

青森市唯一の酒蔵で獺祭をしのぐ銘酒「田酒」が『旅サラダ』で紹介か


十和田湖(青森県) 今週の『旅サラダ』の舞台はここです

十和田湖(青森県) 今週の『旅サラダ』の舞台はここです

12月10日放送の朝の情報番組『朝だ!生です旅サラダ』で、青森の日本酒「田酒」(でんしゅ)が紹介されるようです。

女優の手塚理美さんが冬の十和田湖を旅するという内容なのですが、その中で市場や美術館に蔵元を訪問するようです。

八食センター
西田酒造店
十和田湖
十和田市現代美術館

たぶん、青森県の「八食センターで自分でつくる海鮮丼」などが紹介されるはずです。(有名ですから)

お酒はたぶん「西田酒造店」の超人気酒で入手困難の「田酒」(でんしゅ)のはずです。

青森県の銘酒「田酒」とは

青森県は東北最北の県で、東北といえば米の産地です。

これまで東北にはこれといった銘米というのがありませんでしたが、最近では「青天の霹靂」(せいてんのへきれき)なども出ており、元々から米の産地です。

そんな青森県では、もちろん酒米も生産されており19にも及ぶ酒蔵が存在しています。

その中でも、青森市内では唯一の「西田酒造店」さんの銘酒「田酒」(でんしゅ)は青森ならず全国的に有名なお酒で、最近ブレイクした「獺祭」(だっさい)をも凌ぐとも言われる日本酒が詳細されると予測しています。

酒米は「山田錦古城錦華吹雪華想い辨慶」などを使用し、大浜という海岸で湧く珍しい名水を使ったお酒ですね。

Sponsored Link


田酒の通販

青森県青森市油川大浜46
URL:http://www.densyu.co.jp/

八食センターで自分でつくる海鮮丼

たぶん「八食センター」で食べることができる「自分でつくる海鮮丼」も紹介されるかなと思います。

八食センター」というのは、八戸市にある青森県の名産品なら何でも揃うと言われている市場です。

ここには「自分で海鮮を選んで食べることができる海鮮丼」があって、少し前によくテレビで紹介されたりもしました。

お店が60店舗もある大きな名店街ですが、飲食店街もあって朝9時からオープンしています。

最寄り駅がJR東北新幹線「八戸駅」で歩くと30分ほどかかるのですが、うちのフード担当は八戸駅にホテル(コンフォートホテル八戸)をとって、朝からここに歩いて(3kmほど)行ってご飯を食べるということをしています。

コンフォートホテル八戸
東横イン八戸駅前
はちのへゆーゆらんど新八温泉

帰りには「はちのへゆーゆらんど新八温泉」に入って戻るという、なかなかいい感じのルートなのですが、実はここも宿泊ができたりします。

お風呂も利用できて朝食付きで5000円程度で泊まれるということで予約はなかなかできないそうです。

Sponsored Link


はちのへゆーゆらんど新八温泉

青森県八戸市河原木字神才22−2
営業時間:9時~18時
URL:http://www.849net.com/

旅サラダ 12/10 予告


旅サラダ 12/10 予告は以下のとおりです。

女優の手塚理美さんが、初冬の青森を旅します。青森の名産品が揃う市場に始まり、日本酒好きな手塚さんがぜひ訪ねてみたかった銘酒の蔵元や、冬景色が美しい十和田湖、ユニークな作品が展示された「十和田市現代美術館」などを巡ります。


「朝だ!生です旅サラダ」で紹介された食材やお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。