倉下の湯 北アルプスを望む茶褐色のにごり湯が9/17旅サラダで紹介されます

Sponsored Link

長野県白馬村にある『北アルプスを望む茶褐色のにごり湯倉下の湯(白馬塩の道温泉)が9/17の『朝だ!生です旅サラダ』で紹介されるようです。温泉担当がよく見ている勝俣州和さんの「俺のひとっ風呂」で紹介されます。

泉質は硬水で肌ざわりがサラッとした温泉です。

大阪だと、吹田市から南の守口市にかけて見られる泉質ですね。

倉下の湯 白馬塩の道温泉が9/17旅サラダで紹介


八方尾根からの北アルプス

八方尾根からの北アルプス

9/17放送『旅サラダ』の予告に少しだけでしたが、白馬村にある「倉下の湯 白馬塩の道温泉」が映っていました。

倉下の湯」は、日帰り温泉施設ですが、露天風呂からは北アルプスが望めるという絶景の露天風呂です。

企画は、勝俣州和さんの「俺のひとっ風呂」で、長野県白馬村の「北アルプスを望む茶褐色のにごり湯」と「うさぎ平のオープンテラス」に行くとあります。

(1)北アルプスを望む茶褐色のにごり湯「倉下の湯」
(2)うさぎ平のオープンテラス「うさぎ平テラス」
(3)郷土鍋料理「おひょっくり」

倉下の湯 白馬塩の道温泉 基本情報

倉下の湯 白馬塩の道温泉」は北アルプスが望める露天風呂です。

この付近だと「ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩温泉」という泉質ですが、重曹泉というよりもナトリウムが強めに出ているので、肌触りがサラサラした感じの茶褐色のお湯です。

湯持ちは良いのですが、湯上がりはお肌がサラリとする清涼感のある泉質になります。

ヌルヌルした感じではありません。

ミネラルが多いので粉っぽい感触といえばわかりやすいでしょうか。

関西だと大阪万博公園にある「源気温泉万博おゆば」と大阪市の鶴見緑地にある「鶴見緑地湯本水春」がほぼ同じ泉質です。(リンクは該当する温泉記事に飛びます)

なお、このあたりだと「白馬ハイランドホテル・天神の湯」が絶景風呂として最近新しい温泉棟もできており人気があります。

Sponsored Link


白馬ハイランドホテル・天神の湯

長野県北安曇郡白馬村北城9549−8
入浴料:600円
営業時間:10時~22時
定休日:年中無休
URL:http://www.kurashitanoyu.com/


「朝だ!生です旅サラダ」で紹介された食材やお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



温泉・銭湯一式グッズを最小限にまとめる方法です。必要最低限のものをどこまで減らせるかの参考にしてください。



関西圏を中心に全国の有名・無名天然温泉や銭湯・スーパー銭湯およびホテル・旅館を紹介します。温泉の魅力を見つけ紹介することで、地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。