ネヘレスコール @大分県杵築市「世界一大きいぶどう」が旅サラダで紹介

世界一大きいぶどうと呼ばれる「ネヘレスコール」が2019年9月13日放送『朝だ!生です旅サラダ』で紹介されるそうです。紹介されるのは大分県杵築市(きつきし)が産地の「ネヘレスコール」で、ラッシャー板前さんの「生中継のコーナー」で紹介される予定です。

広告

世界一大きいぶどうと呼ばれる「ネヘレスコール」が『朝だ!生です旅サラダ』で紹介


世界一大きいぶどうと呼ばれる「ネヘレスコール」

世界一大きいぶどうと呼ばれる「ネヘレスコール」

2019年9月13日放送『朝だ!生です旅サラダ』で、世界一大きいぶどうと呼ばれる「ネヘレスコール」が紹介されるそうです。

ラッシャー板前さんの「生中継のコーナー」で紹介される予定で、大分県杵築市(きつきし)の大分農業文化公園から生中継するそうです。

大分県杵築市の大分農業文化公園

大分県杵築市の大分農業文化公園

ネヘレスコールは「世界一大きいぶどう」と言われるものですが、大きいのは房(ふさ)です。

長さが60センチ~1メートルにもなることから、日本では「三尺ぶどう」と呼ばれています(三尺=90cm)。

色の違いで「白三尺ぶどう紅三尺ぶどう黒三尺ぶどう」とも呼ばれていますが、各々で品種が異なり、白三尺ぶどう=ネヘレスコールのことです。

・白三尺ぶどう(ネヘレスコール)
・紅三尺ぶどう
・黒三尺ぶどう

この中でも特に大きいのがネヘレスコールで、長さは最大1メートルにもなります。

ネヘレスコールはイスラエル原産のフルーツで「聖書にも載っている」といわれる最古級の葡萄原種です。

なお、それ以外はコーカサス地方やカスピ海沿岸が原産地で「欧州種」と呼ばれています。

ネヘレスコールは日本では観賞用として販売されています

ネヘレスコールは日本では観賞用として販売されていますが、生産地では産直でも販売されています。

楽天通販でも観賞用がほとんどですが販売はされていました。

2019年9月15日、先ほどの「大分農業文化公園」で「世界一のブドウ!ネヘレスコール収穫体験」も開催されるそうです。

参加希望の場合、公式サイトの特設ページに詳細が書かれていますので、そちらを読んでみると良いでしょう。

大分県杵築市山香町大字日指1−1
公式サイト:https://www.oita-agri-park.or.jp/

SNSの口コミや評判(感想)

朝だ!生です旅サラダ 2019年9月13日 予告


朝だ!生です旅サラダ 2019年9月13日 予告は以下の通りです。

大分県杵築市から、ラッシャー板前がリポート!“世界一大きいぶどう”といわれる「ネヘレスコール」をご紹介。一体、どんな味なのか!?


「朝だ!生です旅サラダ」で紹介された食材やお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。