まむしの湯 @糸島の日帰り温泉が『旅サラダ』で紹介

福岡県糸島市の「福吉エリア」の日帰り温泉「まむしの湯」さんが、2017年12月23日放送『朝だ!生です旅サラダ』で紹介されるようです。勝俣州和さんの「俺のひとっ風呂」で訪問した様子が放送されるとのことでした。

予告では「温泉」と書かれているのですが、実際には温泉ではないのでテレビでどのように紹介するのか興味深いです。

広告

まむしの湯が『旅サラダ』で紹介

2017年12月23日放送『朝だ!生です旅サラダ』、勝俣州和さん「俺のひとっ風呂」のコーナーで、福岡県糸島市二丈吉井にある日帰り温泉「まむしの湯」さんが紹介されることになっています。

予告を見ていたところ「まむしの湯」さんの男湯一番奥にある桧風呂に浸かっている勝俣州和さんの映像が流れていたので間違いありません。

1200年前(平安時代初期)に空海の霊力によって沸いたお湯と言われ、マムシに咬まれたのが温泉で治癒したという伝承があり「まむし温泉」と呼ばれていますが、温泉法によれば「温泉ではなく冷泉」になります(わかし湯)。

まむしの湯は温泉ではない


泉質は弱アルカリ性なのでさほど特色はありません

泉質は弱アルカリ性なのでさほど特色はありません

泉質は弱アルカリ性なのでさほど特色はありません。

また「まむしの湯」さんは温泉ではないという点も知っておくべきでしょう。

平成25年の公正取引委員会の報告によれば「鉱泉分析法指針(平成14年環境省自然環境局)に定められた療養泉ではなかった」とされており、泉質も温泉ではなく「井戸水」であると指摘されています。

温泉を紹介する場合「効用」が書かれていることがほとんどですが、実際に効果があると言えるものは殆どないので、温泉というのは効用ではなく「リラックス効果」を得るものだと思っています。

まむしの湯 アクセス方法

放送では「船越エリア」の牡蠣小屋も紹介されるのですが、「まむしの湯」さんの入浴と牡蠣小屋をセットにするなら「福吉エリア」の牡蠣小屋で食べる方が良いでしょう。

「まむしの湯」さんへの行き方(アクセス方法)ですが、JR「福吉駅」から送迎バスが無料で出ていますので、それを利用することになります(徒歩でも20分程度)。

この送迎バスは「JR福吉駅~まむしの湯~牡蠣小屋」区間を運行しているので便利だと思います。

ちなみに、撮影ロケは2017年11月28日だったそうです。

福岡県糸島市二丈吉井2380−1
入浴料:800円
営業時間:10時~22時
定休日:年中無休
URL:http://mamushi-spa.co.jp/

Twitterの口コミや感想

旅サラダ 2017年12月23日 予告


旅サラダ 2017年12月23日 予告は以下の通りです。

『弘法大師が見つけた“まむしの湯”』を目指し福岡県へ!まずは景勝地・筑前二見ヶ浦からスタート!二見ヶ浦を守る「櫻井神社」は“櫻井”つながりから「嵐」のファンが多く訪れています。そして、冬の風物詩「牡蠣小屋」を訪ね、最後に目的の温泉へ!


「朝だ!生です旅サラダ」で紹介された食材やお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。