秋堀り十和田のながいも @青森の生産量1位の長芋『旅サラダ』で紹介

青森県十和田市は長芋生産量トップで、ちょうど今の時期(11月~12月)には秋収穫の「秋堀りながいも」が旬を迎えます。その長芋が、12月9日放送の『朝だ!生です旅サラダ』で紹介されるとのことで、十和田市の長芋畑からラッシャー板前さんが生中継するそうです。

長芋、いわゆる山芋は栄養価が高い野菜なので、冬に食べるには良い食材です。

広告

青森県十和田市「秋堀り十和田のながいも」が『旅サラダ』で紹介


青森県十和田市「秋堀り十和田のながいも」が『旅サラダ』で紹介

青森県十和田市「秋堀り十和田のながいも」が『旅サラダ』で紹介

12月9日放送の『朝だ!生です旅サラダ』で、青森県十和田市から今がちょうど旬の「秋堀り十和田のながいも」が紹介されるようです。

ラッシャー板前さんの「生中継のコーナー」の舞台が、青森県十和田市で「長芋」と予告されているのですが、長芋生産量がトップの青森・長いもで旬の「秋堀り十和田のながいも」で間違いないでしょう。

ちなみに、長芋生産量トップの座は北海道と激しく争っており、最新の統計(2016年)では青森県が1位になっています。

2013年(平成25年)
2016年(平成28年)

秋堀りながいも


とろろごはん

とろろごはん

ちなみに、十和田市では11月~12月に収穫する「秋堀りながいも」、4月頃から収穫する「春堀りながいも」の2種類あります。

おいしいのは雪の下で育った「春堀りながいも」です。

長芋は「とろろ」で食べられることも多いですが、揚げたり(素揚げ)団子にしたりしても食べられています。

いわゆる「山芋」という根菜類のことですが、長芋が一番安価なので、ご家庭でトロロを食べる時に使用されることが多い野菜です。(1番高い山芋は自然薯)

ただし、長芋は粘りが弱いので(自然薯の2割程度の粘り)、オススメなのは「とろろ」よりも「刺身(生食)」や「揚げ物」といった料理の方が合います。

十和田のながいもは通年で通販可能ですが、スーパーなどでも見ることができますので探してみると良いでしょう。ちなみに、スーパーだとトロロ一食分くらいで350円くらいします。

朝だ!生です旅サラダ 12月9日 予告


朝だ!生です旅サラダ 12月9日 予告は以下の通りです。

生中継のコーナー
ラッシャー板前が、青森県十和田市から旬の味覚をリポート!凄く長~いお野菜…収穫体験も!?!


「朝だ!生です旅サラダ」で紹介された食材やお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。