岬ガザミ @大分・豊後高田 冬は雌が旬のワタリガニ『旅サラダ』で紹介

大分県豊後高田市の名産品「岬ガザミ」が、12月2日放送『朝だ!生です旅サラダ』で紹介されるようです。ワタリガニの大きいものを「岬ガザミ」というのですが、ちょうど今の時期だとメスの岬ガザミが旬を迎えています。

お味噌汁とかで使う身は少ないカニですが、最近はお高いようです。

広告

岬ガザミが『朝だ!生です旅サラダ』で紹介


ガザミとはワタリガニのこと

ガザミとはワタリガニのこと

大分県豊後高田市で水揚げされる「岬ガザミ」が、12月2日放送『朝だ!生です旅サラダ』で紹介されるようです。

といっても「岬ガザミ」をご存知の方の方が圧倒的に少ないと思います。

魚介類の名称は、地方独特のものがあることがほとんどで、いわゆる「通称や別称」といったものがあります。

他にも「ブランド名」で呼んだりして複雑怪奇です。

今回の場合は「岬ガザミ = ワタリガニ」のことだったりしますが、これも説明としては正しくはありません。

正式には「ガザミ」というのが正しい名称です。

・ワタリガニ ※一般的な通称
・岬ガザミ
・ヒシガニ
・月待ち蟹(山口県宇部市)
・青手がに(鳥取県米子市)

岬ガザミとはワタリガニのこと


ワタリガニの姿あんかけ

ワタリガニの姿あんかけ

写真は「ガザミ(ワタリガニ)」です。

これの大きなものを、豊後高田市では「岬ガザミ」と呼んでいます。

今の時期だと、メスの卵をもったワタリガニが旬を迎えています。

・夏(オス)
・冬(メス)

冬は雌が旬のワタリガニ


前はそんなに高いイメージはありませんでしたが

前はそんなに高いイメージはありませんでしたが

毛ガニとかワタリガニのように「かに道楽」では食べることはできませんが、中華料理ではよく見かけるカニですし、和食では味噌汁とかで使われます。

何十年も前の話ですが、市場に行くと「ワタリガニ」はよく見かけるカニでした。そんなに高いイメージはなく、食べる所も少ないカニというイメージでした。

しかし、今は冬の時期だとメスの大判のものが、かなり高価な食べ物になっています。

ちなみに、ワタリガニは手足に肉が少なく胴体を食べるカニです。小さいワタリガニや手足はお出汁に使うことが多いですね。そういうことを考えると、あまり有難がって食べるカニでもありません。

朝だ!生です旅サラダ 12月2日 予告


朝だ!生です旅サラダ 12月2日 予告は以下の通りです。

ミュージシャンの松岡充さんが冬の奈良で神社仏閣を巡る…芸能のパワースポット&世界遺産の神社へ▽グアム編スタート…豪華ホテルやユニークなスパなど最新(秘)スポット体験
神社仏閣に興味がある松岡充さんが冬の奈良へ!日本書紀に登場する“山の辺の道”からスタートし、日本最古の神社の一つ石上神宮へ!また、パワースポットとして有名な天川村では、芸能や音楽にご利益があるという神社を訪ねます。最後は、十津川村にある世界遺産の神社へ!
OL旅サラダガールの森川侑美が、常夏の楽園・グアムで“最新を巡る”旅!大人気ショップや昨年オープンしたスパのほか、最新ホテルで絶品グルメを堪能!自然豊かな丘の上からマウンテンバイクで下るダウンヒルツアーに参加。最後は感動の光景が!?
寒さが増すこれからにぴったりの東京都内“あったかスポット”を散策!まずは全身を使って壁を登るボルダリングにトライして、体の中からポカポカに。さらに、見ているだけで温かさを感じるランプ作りを体験したり、新感覚の鍋を堪能します!
今回から神奈川編がスタート!マグロで有名な三浦市で、絶品グルメを探すヒロド…プレゼントは!?
ラッシャー板前が、大分県豊後高田市から“旬の魚介類”をご紹介!


「朝だ!生です旅サラダ」で紹介された食材やお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。