揚子江ラーメン名門高殿店 @大阪でしか食べられない揚子江ラーメン実食レビュー

揚子江ラーメンが、1/5放送『櫻井・有吉THE夜会』で紹介されます。大阪でしか食べられない「揚子江ラーメン」が大好きという女優・二階堂ふみさんのために東京で似たラーメンを探すという企画ですが、この記事では本物の揚子江ラーメンを実食レビューします。

ということで今回は大阪の「揚子江ラーメン名門 高殿店」まで実際に行ってきました!

広告

大阪でしか食べられない揚子江ラーメン


大阪でしか食べられない揚子江ラーメン

大阪でしか食べられない揚子江ラーメン

大阪でしか食べられないラーメンが1月5日放送『櫻井・有吉THE夜会』で紹介されます。

女優の二階堂ふみさんが「世界一好きなラーメン」と言うほどのラーメンのことなのですが、その大阪でしか食べられないラーメンというのが「揚子江ラーメン」というラーメンです。

メニュー

メニュー

揚子江ラーメンは1964年に梅田にオープンした「揚子江ラーメン 総本店」さんが発祥のラーメン店で、鶏ガラと豚骨の塩ラーメンのことを「揚子江ラーメン」と呼んでいます。

・揚子江ラーメン 総本店
・揚子江ラーメン名門(のれん分け)
・揚子江ラーメン林記(のれん分け)

かつてはのれん分け店が多く存在していましたが、店主の高齢化のために今は数えるほどしかお店が残っていません。

現在あるのは「総本店名門林記(りんき)」の各店で、今回は2009年頃にオープンした大阪市旭区の「揚子江ラーメン名門 高殿店」で実際に揚子江ラーメンを食べてきましたのでレビューします。

揚子江ラーメン名門 高殿店 店内の様子

揚子江ラーメン名門 高殿店 店内の様子

揚子江ラーメンのお店は、大阪の中心部にしか店舗が存在していません。

そのため、京都からだとスクーターで2時間ほどかかる場所で渋滞もあったりと、15時過ぎに「揚子江ラーメン名門 高殿店」さんに到着しました。

すでにお店は中休みだったのですが・・・・

そこは大阪です!

オーナーさんが「気にしないでいいよぉ」とラーメンを作ってくださいました。

揚子江ラーメン 実食レビュー


揚子江ラーメン 600円 を実食レビュー

揚子江ラーメン 600円 を実食レビュー

ということで、これが実物の「揚子江ラーメン」です。

スープは鶏ガラをメインに豚骨を合わせた塩ラーメンで、麺は白い細麺のストレートを使っています。

そして、揚子江ラーメン最大の特徴が「春菊」です。

揚子江ラーメン最大の特徴が「春菊」です

揚子江ラーメン最大の特徴が「春菊」です

正統派の揚子江ラーメンは、この春菊が入っているのが正しい姿なのです。

あいにく現在の「揚子江ラーメン 総本店」さんでは春菊を使っていなくて、現在は「水菜」を使っています。

そのため、昔からの揚子江ラーメンを残しているのは本店以外の「名門・林記」のみとなります。

つまり、揚子江ラーメンを食べるのであれば「のれん分け店」に行くのがマニアということになりますね。

スープは透明ながらもコクとうまみのあるスープです

スープは透明ながらもコクとうまみのあるスープです

麺は白い細麺ストレートで大阪では昔からよく見る麺です

麺は白い細麺ストレートで大阪では昔からよく見る麺です

スープはあっさりながらもコクのあるスープで、塩が少し強めに効いたパンチのあるスープです。

昔からある大阪の塩ラーメンの味が今でも残っていて、小さい頃に食べた味そのままで残ってたので、とても懐かしく感じるラーメンでした。

揚子江ラーメン名門高殿店 基本情報


揚子江ラーメン名門高殿店

揚子江ラーメン名門高殿店

今回訪問した「揚子江ラーメン名門 高殿店」は大阪市旭区高殿という所にあるお店です。

京都からは国道1号線を南下して、枚方から国道170号線(府道13号線)を「寝屋川・大日・守口」を通っていくと13号線沿いにあるお店です。

チャーシューは自家製のものを使っています(高殿店)

チャーシューは自家製のものを使っています(高殿店)

こちらの「揚子江ラーメン名門 高殿店」は、今でも昔ながらの揚子江ラーメンが食べられるお店で、トッピングの決め手となる春菊が入っています。(本店さんは水菜に変更)

オーナーさん曰く「揚子江ラーメンは春菊であるのが大事なんです」とのことで、仕入れでも春菊の品質を一番気にされるとのことでした。

チャーシューだけは本店とは異なる自家製チャーシューを使っているということですが、昔ながらの「揚子江ラーメン」に近いお店でしたよ。

大阪府大阪市旭区高殿6丁目15−16
営業時間:11時~15時、18時~23時(日・祝は21時まで)
定休日:無休

櫻井・有吉THE夜会 1/5 予告


櫻井・有吉THE夜会 1/5 予告は以下のとおりです。

大阪の揚子江ラーメンを世界一好きなラーメンとまで言う二階堂ふみ…東京で近い味のラーメンを食べたいという。そこでラーメン評論家・小林孝充が「揚子江ラーメンっぽい味の店」を都内で探す。


京都のラーメン新店案内をメインに、関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。