かおたんラーメン赤坂店 6/16『有吉THE夜会』餃子名店で紹介?

Sponsored Link

食通が知らない名店の王道の餃子が、6/16『櫻井・有吉THE夜』で紹介されるそうです。うどんが主食さんのオススメ餃子ということですが、予測では「かおたんラーメン 赤坂店」が紹介されるだろうと推測しています。

かおたんラーメンは5店舗あるチェーン店です。

食通が知らない名店の王道の餃子『櫻井・有吉THE夜』で紹介


6/16放送『櫻井・有吉THE夜』で餃子が紹介されるようなのですが、うどんが主食さんのオススメ餃子ということで「かおたんラーメン」(高湯ラーメン)の餃子が紹介されるみたいです。

番組予告では「かおたんラーメン」というチェーン店の餃子が紹介されるとあります。

たしかに、かおたんラーメンは5店舗あります。

(1)かおたんラーメン えんとつ屋 南青山店
(2)かおたんらーめ ん赤坂店(中国料理かおたん)
(3)香湯ラーメン ちょろり 恵比寿店
(4)香湯ラーメン ちょろり 目黒店
(5)かおたんラーメン37(伊勢崎店)

ただ、検索しても「かおたんラーメン えんとつ屋 南青山店」というのが大量にヒットすると思いますが、フード担当によれば、紹介されるのは「かおたんラーメン 赤坂店」だろうとのことです。

かおたんラーメン えんとつ屋 南青山店」はかなり前から有名店ですが、青山墓地の近くにあるバラック風の老舗です。

ただ、フード担当曰く「食通がオススメする上に、昔からのかおたんラーメンを味わうなら赤坂店に行くはずだ」と断言していました。

かおたんラーメン 赤坂店

かおたんラーメンでも、赤坂店はちゃんとしたキレイなお店です。

予告で「特製餃子(6個)600円」とあるのですが、お値段も一致します。ちなみに、関東の餃子は最低でも400円近いですが、関西は餃子が安くて200円ちょっとくらいです。

ラーメン(塩・醤油) 650円
ワンタン 650円
スタミナ麺 750円
モヤシソバ 800円
ヤキソバ 850円
担々麺 900円
五目麺 900円
餃子(600円)

ゲストは餃子好きの中村アンさんなので、こちらのお店を選ぶと予測されますが、フード担当いわく「食べるならこっち」だそうです。

東京都港区赤坂6丁目3−15
営業時間:11:30~朝4時
定休日:

高湯ラーメン(カオタン・ガオタン)とは?


高湯ラーメンとは中国の高級スープを使ったラーメンのことで、発音は「ガオタン」が近いです。

ラーメンスープでよく使われる言葉「湯」(たん)は中国語でダシのことです。

清湯(チンタン)
白湯(パイタン)
素湯(スータン)
頂湯(ディンタン)※広東の最上級スープ
上湯(シャンタン)※広東の一番スープ
頭湯(トゥタン)※上海と四川の一番スープ
二湯(アルタン)※二番スープ
毛湯(マオタン)※二番スープ
紅湯(ホンタン)※四川の上級スープ
高湯(カオタン・ガオタン)※上海・北京の上級スープ

中国料理というのはランクがついていた歴史のある料理ですが、スープにもランクがあって最上級を「頂湯(ディンタン)」と言います。

今回の高湯のベースは成長しきった鶏で、それに豚を煮込んでああるスープのことです。

放送では、まさかの南青山店を紹介


追記です。

実際の放送を確認したところ、まさかの南青山店を紹介していました。

櫻井・有吉THE夜会 6/16 予告


櫻井・有吉THE夜会 6/16 予告は以下のとおりです。

ドラマ99.9松潤の相棒で話題!片桐仁って何者?素顔に迫る▽最強グルメブロガー・うどんが主食オススメ絶品餃子に中村アン感激▽加藤諒がハリウッドの技で櫻井翔に変身
大野智との共演で注目の中村アンは大の餃子好き。そこで超人気グルメブロガー「うどんが主食」さんオススメの食通も知らない隠れた餃子の名店へ!チェーン店なのに絶品餃子など「うどんが主食」さんとっておきのお店が登場。「うどんが主食」さんのこだわりの食べ方も必見!

その他の「櫻井有吉アブナイ夜会」関連記事はこちらです。

Sponsored Link


【チーズケーキ】禁断のチーズケーキ(半熟)【TV雑誌で話題】【半熟】【ケーキ】(lf)

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。