ようこそ了法寺 @八王子 とろ弁天像・柚鬼媛(ゆきひめ)『所さん!大変ですよ』で紹介

八王子市にある了法寺さんの「ようこそ了法寺 とろ弁天像」と愛媛県鬼北町にある「柚鬼媛(ゆきひめ)」という5メートルもあるフィギュアが2月9日放送のNHK『所さん!大変ですよ』で紹介されます。萌えキャラブームにのって町・村おこしの一環として行われているものです。

前者は「クレイズ」さんというメーカーのフィギュアで、後者は大阪の門真市にある有名フィギュアメーカー「海洋堂」さんが制作したものです。

広告

ようこそ了法寺 とろ弁天像が『所さん!大変ですよ』で紹介

2月9日放送のNHK『所さん!大変ですよ』で、東京都八王子市にある「了法寺」が紹介され、仏像の前に鎮座する萌仏フィギュアようこそ了法寺 とろ弁天像』がテレビで全国放送されます。

上のムービーは、どう見てもアニメのPVにしか見えませんが、500年の歴史あるお寺のテーマソングPVです。

企画は、500年の歴史を持つ都内の寺に現れたカワイイ「弁才天」像というもので、このカワイイ「弁才天」像というのが美少女フィギュアメーカー「クレイズ」さんが販売しているものなのです。

お寺なのにフィギュア?

と思われるかもしれませんが、神社と違ってお寺というのは非常に俗世的なものなのです。

説法なんかも、最近は時事ネタとかブームな話題があったり、ウケを狙ったテーマになっていたりと、聞くと意外に爆笑トークだったりするところがあったりします。

クレイズ
イスム

今回は萌えアニメにハマっている八王子の「了法寺」さんが紹介されるのですが、他にも、リアルな仏像のフィギュアを専門に販売する「イスム」さんも紹介されることになっています。

広告


【セット】イSム TanaCOCORO[掌] 金剛力士 阿形・吽形 仏像フィギュア イスム tc3519-tc3520

かなりリアルな仏像などのフィギュアを製造販売していますが、かなり精密でお値段おどろきの5万円弱となっていました。

商魂たくましいかぎりですが、お寺は昔から商魂たくましいので、そんなものなのかもしれません。

東京都八王子市日吉町2−1
URL:http://ryohoji.jp/

柚鬼媛(ゆきひめ)山間の町には5メートルを超える巨大な美脚「鬼ママ」

2016年末に愛媛県鬼北町に「柚鬼媛(ゆきひめ)」という5メートルもある巨大フィギュアが設置されたのですが、それも紹介されるようです。

大阪府門真市のフィギュアメーカー「海洋堂」さんが製作したものです。

設置されているのは「道の駅・日吉夢産地」というところです。

こういう町おこしアリだと思います。

京都でもどんどんやるべきだと思いますが、なんとなく景観条例に引っかかりそうな感じはしますよね。

愛媛県北宇和郡鬼北町下鍵山54
URL:http://www.hiyoshiyumesanchi.com/

所さん!大変ですよ 2月9日 予告


所さん!大変ですよ 2月9日 予告は以下のとおりです。

500年の歴史を持つ都内の寺に現れたカワイイ「弁才天」像。山間の町には、5メートルを超える巨大な「鬼」の像が…。全国に突如、現れた巨大フィギュア、その謎を追う。
檀家の減少と高齢化に悩む都内の寺が、若い世代にもその存在を知ってもらおうと考えた「美少女キャラクター風の弁才天」。山間の町では、観光客を呼び込もうと5メートルを超す「鬼ママ」が「赤ちゃん鬼」を抱く巨大像が誕生。いずれも驚きのフィギュアが、その苦境を突破する起爆剤になっている。寺や自治体だけではない。個人にとっても精巧な「仏像フィギュア」が心の癒やしになっているという。“世にも奇妙な像”を巡る物語。

他にも『所さん!大変ですよ』関連記事があります。


テレビで紹介される商品や店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。また、撮影ロケ地などの情報で地元が盛り上がる点に着目し、どのような地域がロケ地になるのかなどを参考にして、地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。