梟雪見鍋 ふくろう 福岡天神 ご当地鍋 スマステ 11/28

Sponsored Link

博多天神にある「博多もつ鍋 梟(ふくろう)」さんの「梟雪見鍋」(ふくろうゆきみなべ)が、11/28放送『スマステ』の「めちゃ売れご当地鍋」特集で紹介されます。

仕上げに白いトロロをかけるもつ鍋で、テレビで何度も紹介されている人気の鍋です。

めちゃ売れご当地鍋 スマステ


寒い冬はお鍋が食べたくなりますが、11/28放送『SmaSTATION!!』(スマステ)で全国の鍋が紹介されます。

予告では以下のように書かれています。

(1)獲れたて新鮮なタイを、トロトロに煮込んだ淡路島産○○フォンデュで食すビックリ鍋
(2)博多のもつ鍋新勢力!もつ×魚介の見事なコラボ!仕上げにかけるのは真っ白なアレ!?
(3)富山湾の国道付近に出現する○汁ストリート!?○を丸ごと一匹使った海鮮鍋がなんと1000円以下!?

今回は、博多のご当地鍋に焦点をあてて調べてみましょう!

博多のご当地鍋


実は、11/15に博多・天神の「もつ鍋」屋さんで『スマステ』の撮影ロケがありました。

予告では「モツ」と「魚介」のコラボ鍋で、それに白い食材をかけるとありますが、これは結構有名で「山芋のトロロ」をかけて食べるモツ鍋のお店「博多もつ鍋 梟」(ふくろう)さんで間違いないでしょう。

かなりテレビでも紹介されています。

そのお鍋とは「梟雪見鍋」(ふくろうゆきみなべ)です。

というか、「博多もつ鍋 梟」(ふくろう)さんのFacebookでリークされていました。

梟雪見鍋

魚介スープで食べる「もつ鍋」と珍しいお鍋に、山芋のトロロをかけていただくという新感覚のモツ鍋が「梟雪見鍋」(ふくろうゆきみなべ)です。

お値段は、一人前で1480円(税込)となっており、魚介スープに沖縄の塩をつかった出汁に、コラーゲンたっぷりのモツやフランス鴨を煮込んだお鍋です。

仕上げに、数種類の山芋をブレンドしたトロロをかけていただきます。

他にも「火山鍋」「博多蒸しもつ鍋」などいくつもの鍋があり、オススメは「梟雪見鍋」と「味噌鍋」です。

最後には雑炊にすることもできます。

博多もつ鍋 梟(ふくろう)

博多もつ鍋 梟(ふくろう)さんは芸能人などが通うお店として知られており、過去にも「とろろをかける鍋」として紹介されたことがあります。

場所は中州のすぐ近くで、博多座や福岡アジア美術館にも近い観光にも便利な場所です。

お店は、落ち着いた大人の隠れ家的なお店で、掘りごたつのお席になっています。

そういう雰囲気が良いのか、店内にはたくさんの色紙が並んでおり、過去には総理大臣なども訪れている有名店です。

ランチは団体の予約のみで、もつ鍋はディナーで食べることができます。

福岡県福岡市博多区須崎町3−25
営業時間:12時~15時、18時~23時
定休日:不定休
URL:http://www.fukurou1106.com/

こちらは公式サイトで通販も可能となっていました。

ちなみに、博多ホルモン亭にも「雪見もつ鍋」というのがあり通販可能です。

Sponsored Link


【テレビで紹介】\もつ鍋★期間限定大奉仕!/【博多の味☆雪見もつ鍋セット[2〜3人前]×2セット】送料無料

めちゃ売れご当地鍋 その他の鍋は?


11/28放送『スマステ』の「めちゃ売れご当地鍋」特集で紹介される鍋は以下のとおりです。

(1)淡路島のご当地鍋「玉ねぎフォンデュ鯛しゃぶしゃぶ」

(2)福岡天神ご当地鍋「梟雪見鍋」

(3)富山 たら汁ストリート「栄食堂」

他にも、札幌のご当地鍋が紹介されるようです。スープカレー鍋ですかね?


「SmaSTATION!!」(スマステ)で紹介されたお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。