山形牛100%特製手ほぐしコンビーフ 加藤牛肉店 スマステ 新ご飯の友

Sponsored Link

手ほぐしビーフは神奈川県の「加藤牛肉店」さんが山形牛100%の牛肉を8時間煮込んでつくる人気のコンビーフですが、それが10/3放送『SmaSTATION!!』(スマステ)で「新ご飯の友」として紹介されると思われます。手ほぐしビーフは大変人気で限定商品のためすぐに売り切れます。西麻布のレストラン「焼肉ステーキあつし」さんなど3つのレストランでも食べられるとのことです。

では、8時間煮込んだ手ほぐしビーフとはどんなコンビーフなのでしょうか?

通販は可能なのでしょうか?

手ほぐしビーフ


2015-10-02_214214

神奈川県の「加藤牛肉店」さんが山形牛を8時間煮込んでつくる人気のコンビーフが「手ほぐしビーフ」という商品です。

10/3放送『SmaSTATION!!』(スマステ)で「8時間煮込んだ山形牛コンビーフ」と予告されているので、たぶんここの商品が紹介されそうです。

ただし、入手困難なお取り寄せグルメです。

焼肉ステーキあつし

焼肉ステーキあつしというレストランが西麻布にあります。こちらでは「コンビーフ」がメニューにあります(1800円)。これが加藤牛肉店さんの「特製手ほぐしコンビーフ」です。(公式でも告知されています)

特製手ほぐしコンビーフを少し味わってみたいということであれば、通販ではなく直で食べに行くこともできます。

東京都港区西麻布1丁目10−7 NISHIAZABU FT II ビル 1F
営業時間:17:30~24時(土祝は17時開店)
定休日:日曜
URL:http://www.yakiniku-atsushi.com/

他にも「加藤牛肉店銀座」というレストランでも扱っています。こちらは完全予約制のレストランなので、確実に食べたいということであれば、こちらに予約が無難です。

東京都中央区銀座6-4-15 トニービル 1階
営業時間:18時~24時(完全予約制)
定休日:日曜
予約番号:03-5537-2220

渋谷にもレストラン「加藤牛肉店シブツウ」というお店があります。こちらのディナーコースだけですが、5000円と10000円のコースで「特製手ほぐしコンビーフ」を食べることができます。

京都渋谷区渋谷2丁目12−12
営業時間:18:30~14時、18時~23:30(完全予約制)
定休日:日曜
URL:http://shibu2.com/

ただ、レストランなのでコンビーフだけの販売はありません。メニューにあるのでお料理としていただけます。

手ほぐしビーフの通販はこちら

入手困難お取り寄せグルメと言われるだけあって、公式サイトでは発売直後から注文が殺到して売り切れるとのことです。『ヒルナンデス』や『旅サラダ』で紹介されたからです。

ブログやTwitterで1日数度販売が告知されますが、1日20本でひとり2本まで限定です。

神奈川県横浜市金沢区富岡西7−5−21
URL:http://www.katogyu.co.jp/

先ほど紹介した「焼肉ステーキあつし」さんで試すこともできますが、同じ神奈川県の牛肉屋さんが似たようなコンビーフを販売しています。こちらは黒毛和牛の手ほぐしコンビーフですが、二日間煮込んだコンビーフです。8時間の6倍煮込んでいます。

下の商品がその2日間煮込んだ手ほぐしコンビーフです。

Sponsored Link


黒毛和牛コンビーフ

まとめ


10/3放送『SmaSTATION!!』(スマステ)では、他にもいろいろなグルメが紹介されます。

塗るマシュマロ マシュマロフルフ

九条ねぎキムチ 京都 ほし山

葡萄のマスタード

特製手ほぐしコンビーフ 加藤牛肉店

サバーリック味噌

越前蟹味噌バター ビストロ三玄 みげん

パンかけ醤油 りんご果汁入り ナカマル醤油醸造元

みそ貝焼きの素


「SmaSTATION!!」(スマステ)で紹介されたお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。