松輪サバ 黄金サバ スマステ 9/19 三浦半島 通販

Sponsored Link

松輪サバ(黄金サバ)が9/19放送『SmaSTATION!!』(スマステ)で紹介されます。三浦半島の松輪地区で一本釣りされるサバの最高級品で、脂のノリがダントツということで幻の黄金サバともいわれます。松輪サバは「まつわさば」と読みます。

9/19放送では『スマシプ』裏話も放送。『スマシプ』についてはこちらをご覧ください。

9/19のスマステでは、「全国ブランド食材」として「天空かぼちゃ」や「みかん鯛」も紹介されます。

松輪サバがスマステで紹介されます


松輪サバ

9/19放送『SmaSTATION!!』(スマステ)で、三浦半島の松輪地区で一本釣りされる幻のサバが紹介されます。

脂がのりまくった食通もうなる味でサバの最高級品として君臨するサバです。

その名も「松輪サバ」と呼ばれ、見た目で「黄金サバ」とも言われています。

Sponsored Link


生 松輪サバ 神奈川県名産 高級ブランドサバ 600-700g 鮮魚 松輪鯖

松輪サバ(黄金サバ)

松輪サバは「根つきの魚」というエサの豊富な所に棲み着いた回遊魚で、「関サバ」「関アジ」も同じ「根つきの魚」です。なお、松輪サバは「まつわさば」と読みます。

つまり、回遊魚なので肉付きが良く、餌が豊富なところで育つので脂のノリが良いサバなのです。食通もうなる味で、フワトロっとした肉が最高においしいサバです。

釣り上げてから一切手を触れずに1.3秒で魚槽に収まれ、そのまま直送されて料理屋さんに届けられます。

西の関サバ、東の松輪サバと言われています。つまり「関サバ」も同じです。

秋の味覚で、今がもう旬の時期になってきます。

三浦半島松輪地区

松輪サバの一本釣りをしているのが三浦半島松輪地区です。

漁船の多いものの、小さい入り江(江奈湾)に畑ばかりののどかな農漁村です。

こちらにある「地魚料理 松輪」さんではその日に獲れた地元の鮮魚が食べられるお店です。みうら漁協直営レストランになっています。

つまり、一番早く新鮮な「松輪サバ」が食べられるお店がここです。

こちらは松輪サバは2000円以上から定食であります。

神奈川県三浦市南下浦町松輪264
営業時間:11時~16時(L.O. 15時)
定休日:火曜
URL:http://blogs.yahoo.co.jp/matsuwa_ena

海舟(日本料理)は松輪サバが食べられるお店

三浦半島の三崎港のところに日本料理店「海舟」があり、そこでは毎日水揚げされた新鮮な鮮魚が味わえます。

そちらも松輪サバが食べられるお店です。

このあたりはマグロ料理のお店がたくさんあり、目移りしそうなエリアです(笑)

お値段は時価ですが「松輪サバの炙り」で1000円から食べられます。

神奈川県三浦市三崎3丁目12−15
営業時間:11:30~15時、17時~19:30(土日祝は11:30~21時まで通し営業)
定休日:不定休
URL:http://misakikaishu.blog94.fc2.com/

通販お取り寄せ


松輪サバは一本釣りの最高級魚なので、その日のうちに地元で消費されてしまいますので、市場で出回らないサバです。量は少ないですが通販で入手は可能です。

Sponsored Link


生 松輪サバ 神奈川県名産 高級ブランドサバ 600-700g 鮮魚 松輪鯖

関サバは比較的通販では入手しやすいです。

Sponsored Link


関サバ

他にも、「松輪サバに負けないサバ」は結構あります。いろいろ探してみるのも良さそうですね。

関サバ
ゴマサバ
金華さば
清水サバ
首折れさば


「SmaSTATION!!」(スマステ)で紹介されたお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


Twitterの口コミや感想

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。