ダイゴカフェ @茨城・大子町の古民家カフェ『せっかくグルメ』で紹介

ダイゴカフェ(daigo cafe)が11月19日放送の『バナナマンのせっかくグルメ!』で紹介されるようです。築100年の古民家で食べるデミオムライスが紹介されるということですが、奥久慈しゃもの卵を使った洒落た古民家カフェというのはどこの田舎でも真似できそうなので参考になるかもしれません。

バナナマンのせっかくグルメ!』は田舎ビジネスを考えている方には参考になる番組なのでオススメです。

広告

ダイゴカフェ @茨城・大子町の古民家カフェ『せっかくグルメ』で紹介


茨城・大子町の「袋田の滝」も『せっかくグルメ』で紹介

茨城・大子町の「袋田の滝」も『せっかくグルメ』で紹介

茨城・大子町の古民家カフェ「ダイゴカフェ(daigo cafe)」さんが、11月19日放送の『バナナマンのせっかくグルメ!』で紹介されるようです。

予告では「袋田の滝」の前で笑うバナナマン日村さんが映っており、国の有形文化財である築100年の古民家では奥久慈しゃもの卵を使った「デミオムライス」をバナナマン日村さんが食べる様子が予告されていました。(店名は書かれていません)

朝ドラ「ひよっこ」の舞台として、人気の観光地(元から観光地ですが)になったエリアで、趣のある古民家カフェというのは、かなりのパワーワードなので、紹介されればさらに人気が出そうです。

月待の滝

月待の滝

元から「袋田の滝」や「月待の滝」といった観光名所もあり、今の季節は紅葉の素晴らしい風景が見られる場所です。

しかし、それだけでは観光客はわざわざ出向いてくれません。

大事なのは、そこで食べられる名物とかグルメです。

雨の日曜日。独りの日曜日。 ・ ちょっとだけ気分が鬱々とするので、気晴らしにランチ。 ・ 半月ほどぶりに、隣町の『daigo cafe』へ。 雨の上、(駐車場として推奨の)公共施設でイベントで駐車場が満車なせいもあってか、入店時は自分含めお客2名というメチャ空き状態。 ・ ひどくまったりとしたランチタイムになるかなと思っていたら、やがてぱらりぱらりと入りだして、会計済ませてお店を出る頃には、10人ほどにはなってたかな。 ・ で、今日は、「奥久慈しゃも卵のふわとろっデミオムライス」を美味しくいただいてきました。 ・ #カフェ #daigocafe #ダイゴカフェ #茨城県 #久慈郡 #茨城県久慈郡大子町 #久慈郡大子町 #大子町 #大子 #ランチ #カフェランチ #カフェ飯 #奥久慈しゃも卵のふわとろっデミオムライス #オムライス #デミオムライス #奥久慈しゃも #奥久慈しゃも卵 #古民家カフェ #古民家リノベーションカフェ #リノベーションカフェ

Atsushi Tominagaさん(@a2c_tominaga)がシェアした投稿 –

今回紹介されるのは「奥久慈しゃも卵のふわとろっデミオムライス 980円」というグルメです。

奥久慈しゃも」というのは、いわゆる「軍鶏(しゃも)」のことで、この大子町で育った「奥久慈しゃも」は飼育期間が100日間と長く、それでいてやや小さめなのが特徴です。

軍鶏は闘鶏に使われる鶏なので、筋肉が発達し、身が引き締まったお肉なのですが、その分コク深い味わいがします。

地鶏料理は鍋などだと高くなるので、オムライスやカレー、親子丼などで提供して、リーズナブルに食べられるようになっているのが良いですね。

京都でも山間部の古民家で、地鶏の新鮮たまごを使った親子丼などが美味しいと評判になれば、親子丼好きの京都人なんかが車でやってきそうだと常日頃考えているので、今回紹介される古民家カフェのデザインやメニューなんかが参考になりそうだと思います。

広告


奥久慈しゃも 通販

ダイゴカフェ 基本情報

今回紹介される「ダイゴカフェ」さんの場所ですが、茨城県久慈郡なので千葉の上(太平洋側)です。

那須塩原の近くでほぼ福島県の山間部で、関東平野の北側になるのでとんでもなく山深い田舎にあるのですが、歴史的には水戸藩の徳川家がいた場所なので歴史はあります。

滋賀県でいうと高島のような街並みで情緒深い街です。

JRでも行けるのですが、自家用車で行く場合は「常陸大子駅」に町営駐車場があり、そこが2時間まで100円です。(駅のすぐ左手です)

茨城県久慈郡大子町大子688
営業時間:11時~18時
定休日:水曜

Twitterの口コミや感想

バナナマンのせっかくグルメ! 11月19日 予告


バナナマンのせっかくグルメ! 11月19日 予告は以下の通りです。

朝ドラの町&紅葉の名所!魅力満載の大子町で地鶏日本一に輝いた奥久慈しゃもグルメ★冬の定番しゃも鍋&しゃもの卵で作るデミオムライス★築100年以上の古民家カフェ
「せっかく大子町に来たんだがら○○食ってげ!」 日村さんがこのボードを持って茨城県大子町をぶらり! 地元の方にオススメグルメを聞き込み&食べまくり ◆突然の嬉し泣き&突然のキスに日村さんほっこり ◆スタジオにも大子町のしゃもグルメが登場!設楽さん&佐藤栞里さん大興奮! ★茨城県大子町ってどんな所?★ 東京から車で2時間30分。茨城県の北西部に位置する町。福島県や栃木県と県境を接する人口約1万8千人の町。NHK連続ドラマ小説「ひよっこ」の舞台となった。 ◆観光名所◆ 朝ドラ「ひよっこ」の舞台として大きく賑わい、今年の4月~10月の半年で22万人が聖地巡礼に訪れた。 他にも日本三名瀑の一つ「袋田の滝」にはちょうどこの時期から紅葉の見ごろを迎える


11月19日放送『バナナマンのせっかくグルメ』で、大子町で人気の食パンシルクタッチ」が紹介されそうです。販売はJR水郡線「常陸大子駅」前でガルパンスタンプラリーの参加店にもなっているパン屋「サンローラン」さんなのですが、早朝に買いに行かないと売り切れると言われているパンです。



「バナナマンのせっかくグルメ!」で紹介されたお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。