かま炊きめしや こめ太郎 @南魚沼市『バナナマンのせっかくグルメ』で紹介

11月12日放送『バナナマンのせっかくグルメ』で南魚沼市の「かま炊きめしや こめ太郎」さんが紹介されるようです。「古民家でいただく釜炊きコシヒカリ」のお店として紹介される予定になっています。

かま炊きめしや こめ太郎」さんは古民家のかまどで炊いたご飯が食べられるお店です。

広告

土間のかまどで炊かれた釜炊き米が『バナナマンのせっかくグルメ』で紹介


土間のかまどで炊かれた米が『バナナマンのせっかくグルメ』で紹介

土間のかまどで炊かれた米が『バナナマンのせっかくグルメ』で紹介

11月12日放送『バナナマンのせっかくグルメ』は、5日放送から引き続き新潟県南魚沼市が紹介されるようです。

予告では「古民家でいただく釜炊きコシヒカリ」と「町の女性を虜にする背脂ラーメン」が紹介されるとあるのですが、釜で炊いたコシヒカリのお店は「かま炊きめしや こめ太郎」さんのことだと思われます。

実際に、バナナマン日村さんが「かま炊きめしや こめ太郎」さんを訪問したのがリークされているので間違いないでしょう。

前にもテレビで話題になった「天恵菇(てんけいこ)」の肉詰め揚げなども食べられる飲食店で、囲炉裏や和室のある古民家レストランになります。

かま炊きめしや こめ太郎 基本情報

「かま炊きめしや こめ太郎」さんの場所は、国道17号(三国街道)沿いにあるお店で、JR上越線「石打駅」から徒歩15分程度のところにあります。

食材のほとんどが「自家製」というお店で、自家栽培の野菜に魚のイワナまでも養殖しています。

たぶん「釜めし御膳」を食べると予測されますが、10種類ほどあり1260円~1500円で食べることができます。

広告


南魚沼産コシヒカリ新米 通販

新潟県南魚沼市上一日市323−5
営業時間:11時~15時、17時~22時
定休日:不定休(公式サイトで要確認)
URL:http://www.kometarou.com/

Twitterの口コミや感想

さてこの後にさっきのパンを挟んで、米を食べたうちに入らないとゆーことでがっつりご飯を食べに!! で、選んだのがこしひかり御膳! 来ましたこちら。 おー!となってみると私の好きそうなものばかり。 まずご飯。蒸らしが足らず、最初は少し柔らかかったけど、最後はいい感じに! 炊きたての香りって素敵。 ラインナップは、 きゅうりの一本漬け ふきのとうのおひたし 魚の煮付け すじこ 車麩の煮物 川海老の唐揚げとお味噌汁。 トロトロ豆腐とデザート付きで。 ふきのとうが私にはまた合わなかったんだけど、他はいい感じ! なにより筋子。やー、ご飯との相性抜群!!! ホタテの釜飯も美味しかったー。 店内も落ち着いた雰囲気で、撮影のセットで食べているような感覚になりました。 #かま炊きめしやこめ太郎 #こしひかり御膳 #炊きたてご飯 #南魚沼産コシヒカリ #あなたに撮られたい新潟 #お漬物だけでもいい #ふきのとうはまだ苦かった #白米って美味しい #いくらでも食べられる #あたしが好きな米のお供 #No. 1はラー油キクラゲ #だと思う #とか言いつつ次々浮かびそーだけどね

たかだ えつこさん(@etsuko0724)がシェアした投稿 –

🍱

林晴 임청さん(@lin___kim)がシェアした投稿 –

米と酒と魚🍚🍶🐟#魚沼産コシヒカリ#日本酒#川魚#アイシテル新潟#あとは寝るだけ

蝶名林 悟さん(@elco_884)がシェアした投稿 –

#travelingwithkopan #囲炉裏 #irori #越後お発ち飯 #travelbuddy #コパン旅

Kaeさん(@kaekaepanda)がシェアした投稿 –

バナナマンのせっかくグルメ! 11月12日 予告


バナナマンのせっかくグルメ! 11月12日 予告は以下の通りです。

古民家でいただく釜炊きコシヒカリ&町の女性を虜にする背脂ラーメン


「バナナマンのせっかくグルメ!」で紹介されたお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。