麺処 鶏谷 @京都・西院 が『バナナマンのせっかくグルメ』で紹介

京都・西院のラーメン店「麺処 鶏谷」が2019年4月1日放送の『バナナマンのせっかくグルメ』で紹介されるそうです。実際に予告ではゲストの村上佳菜子さんが「麺処 鶏谷」でラーメンを食べているシーンが映っていたので間違いありません。

広告

京都・西院のラーメン店「麺処 鶏谷」が『バナナマンのせっかくグルメ』で紹介


西院の「麺処 鶏谷」が『バナナマンのせっかくグルメ』で紹介

西院の「麺処 鶏谷」が『バナナマンのせっかくグルメ』で紹介

2019年4月1日放送『バナナマンのせっかくグルメ』で京都が紹介されることになっています。

予告では「春の人気観光地・沖縄&京都のディープ飲み屋街に潜入」とあり、以下のお店が紹介されると予告されていました。

・京都感ゼロの下町で呑む!3坪の激セマ焼肉
・行列のできる熟成鶏ラーメン ← 鶏谷

ゲストの村上佳菜子さんが京都のディープゾーンを巡るという放送回で、気になるのは後者の「行列のできる熟成鶏ラーメン」ですが、このラーメン店は西院の「鶏谷」さんのことです。

麺処 鶏谷 のラーメン


麺処 鶏谷 の「鶏そば」

麺処 鶏谷 の「鶏そば」

この鶏谷さんでは750円~800円程度の値段でラーメンが提供されています。

屋号のとおり、鶏出汁のラーメンが多く、それに鯛や鰹などを合わせたWスープのラーメンもメニューに並ぶことがあります。

京都では、まぁ知られたラーメン店で、西院エリアでは一番有名なラーメン店でしょう。

ただ、予告にあるように「行列のできる店」かというと、やや過大表現のように思います。

2017年頃まではそういう場面も見かけたことはありますが、最近ではそういったことも見かけなくなってきました。

鶏そば
鰹の塩鶏そば
鰹醤油つけそば
山芋と鰹醤油のまぜそば
熟成鶏そば
熟成塩鶏そば
麺処 鶏谷 の「まぜそば」

麺処 鶏谷 の「まぜそば」

とはいえ、大手ぐるめサイトの「京都ラーメンまとめ」や「京都ラーメンおすすめ」の記事に掲載される常連店でということもあり、それを見た方がTwitterなどでお店の情報を載せていたりするのでネットではよく名前を目にすることはあるでしょう。

しかし、特定のラーメングループや一部ラーメンマニアのSNSや記事で絶賛されるからといって「美味しいのか?」というと、経験上ではそうでないことも多いと感じます。

ということで、実は「鶏谷」さんを紹介するのは本ブログの「京都ラーメン速報」では初めてだったりします。

熟成鶏そば(750円)

熟成鶏そば(750円)

上の写真は「熟成鶏そば(750円)」です。

京赤地鶏の鶏ガラスープに自家製の平打麺で食べるラーメンです。それに、豚・鶏むね・鶏ももの3種類のチャーシューがのっています。

知り合いに見せたら、6人が「食べかけ?」と聞いてきたほどスープが少ないです。

『バナナマンのせっかくグルメ』のスタッフさんも、もう少し慎重に店を選んでいただきたいものです。

麺処 鶏谷 営業時間やアクセス方法


麺処 鶏谷(西院)

麺処 鶏谷(西院)

では、この『バナナマンのせっかくグルメ』で紹介される「麺処 鶏谷」さん、どこにあるラーメン店なのでしょうか。

エリアとしては「西院(さいいん)」ですが、西院駅からは四条通を西へ約1kmほど行った場所です。

営業時間は平日は「11時30分~14時30分、18時~22時」で、定休日は「月曜日」となっています。

GoogleMAPSで見ると別の店舗写真が掲載されてしまっている

GoogleMAPSで見ると別の店舗写真が掲載されてしまっている

GoogleMAPSで見ると、トップ掲載写真が全く別のウドン店(三条更新)になっていますが、こんなに古い店舗ではありませんよ。

京都府京都市右京区西院四条畑町1−22
営業時間(平日):11時30分~14時30分、18時~22時
営業時間(土日):11時30分~15時、18時~22時
定休日:月曜日
公式Twitter:https://twitter.com/yoyocube0217

バナナマンのせっかくグルメ 2019年4月1日 予告


バナナマンのせっかくグルメ 2019年4月1日 予告は以下の通りです。

日村さんは那覇で一番古い市場へ!貝専門店&屋台小籠包を陽気な酔っ払いと★酒豪村上佳菜子さんが京都感ゼロの下町で呑む!3坪の激セマ焼肉&行列のできる熟成鶏ラーメン
春の2大人気観光地・沖縄と京都へ。 地元の人に「絶対に行った方がいいオススメのグルメ街は?」と聞き込み。 すると、聞いたこともない街の名前が挙がってくるではないか! 行ってみると…そこは地元の人だけで賑わう“聖域グルメ街”だった! 「渋すぎる名店」や「安くて旨い店」が軒を連ねるディープすぎる雰囲気に日村さんと村上佳菜子さんは大興奮! さらに、地元の酒呑み達に導かれ二人はよりディープな世界へ


「バナナマンのせっかくグルメ!」で紹介されたお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



今回は、これまで数多く紹介してきたラーメンの中から「至極の一杯」を選びました。珍しくランキング形式を採用、本当にウマい京都のラーメン店を10店舗厳選してあります。2018年の「実食評価」で候補店を選び、その中から「リピートしたい&記憶に残った」店のみという選りすぐりの店ばかりです。



京都はラーメン店が多いと言われ、おいしいお店も多くあります。一乗寺のようなラーメンストリートもメディアで紹介されて有名なのですが、地元民であればネットやメディアで話題のラーメン店よりも「600円以下で食べられるラーメン」のような地元密着型のラーメン店をよく利用していることでしょう。



この記事は京都のラーメン新店調査や実食レビューに定評のある記者「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくし京都観光やグルメの発展を目指すことが目的です。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。