南アフリカのミステリーサークル 場所どこ?カラハリ砂漠フェールヌークパン

Sponsored Link

南アフリカのミステリーサークルが9/28放送『世界の何だコレミステリー』で紹介されます。南アフリカ観光局も告知していました。しかし、ネットには南アフリカのミステリーサークルの場所の記載はないようです。では、この南アフリカのミステリーサークルはどこにあるのでしょうか?

調べたところ南アフリカにあるカラハリ砂漠のフェールヌークパンという干上がった湖の中にありました。

南アフリカのミステリーサークルの場所を特定


南アフリカに大規模なミステリーサークルがあるらしい

南アフリカに大規模なミステリーサークルがあるらしい

南アフリカのミステリーサークルが9/29放送『世界の何だコレ!?ミステリー』で紹介されます。

予告では「衛星写真に映ったミステリーサークル!現地取材で意外真実」と書かれているのですが、南アフリカのとある場所にらせん状の模様が砂漠に描かれているのが確認できました。

(1)らせん状の模様が砂漠に大小多数描かれている場所がある
(2)約2.5kmの直線模様もある
(3)2011年に出現して数が増えている

カラハリ砂漠フェールヌークパンに南アフリカのミステリーサークルがある

周囲は砂漠という荒野で人家などは一切ない場所に2011年から突如出現したということですが、その様子を衛星写真で確認できるということです。

しかし、どこにもその詳細な場所は記載されていません。

そこで探してみたところ「南アフリカのミステリーサークル」はカラハリ砂漠フェールヌークパンという干上がった湖の近くに存在していました。

ミステリーサークルはピラミッドの模様の中に描かれている?


ミステリーサークルの左右には山の形のような直線も描かれています

ミステリーサークルの左右には山の形のような直線も描かれています

ミステリーサークルの左右には、2本の直線が約2.5kmの長さで描かれてもいます。

それがちょうど山型のピラミッドのようにも見え、その中にミステリーサークルが入ったように見えています。

この南アフリカのミステリーサークルですが、ずいぶんと広範囲で描かれており、南に向かって末広がりでミステリーサークルが大量に描かれているのが確認できました。

ちょうどピラミッド型の模様の中にすっぽりと入っており、長さは3kmはあるようでした。

南アフリカのミステリーサークル まとめ


ということで、9/28放送『世界の何だコレ!?ミステリー』で取り上げられる南アフリカのミステリーサークルの場所は、南アフリカの「カラハリ砂漠」にある干上がった湖「フェールヌークパン」の近くにあることがわかりました。

ピラミッド型の直線が2本あり、その中に大小多数のらせん状になったミステリーサークルがありました。

螺旋模様はヒモと人が2名いれば比較的簡単に描くことができるミステリーサークルであるため、人工物であると推測されます。

(1)ピラミッド型の模様の中に大小無数に描かれている
(2)2011年に出現して数が増えている
(3)場所は南アフリカ「カラハリ砂漠」の「フェールヌークパン」という場所

Sponsored Link


失われた超大陸パンゲア文明「アスカ」の謎 (ムー・スーパーミステリー・ブックス)


「世界の何だコレミステリー」で紹介されたお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。