カザフスタンの謎の地上絵 場所はどこ? 世界の何だコレミステリー

Sponsored Link

2015年に旅行では行きづらい「カザフスタンで260点の地上絵が発見される」と話題になりましたが、6/22放送『世界の何だコレ!?ミステリー』で「世界最古の可能性…巨大地上絵を新発見!ドローン撮影で全貌公開」と予告されており、カザフスタンの地上絵が紹介されるとありました。

今回は、このカザフスタンで発見された27箇所の地上絵のグーグルアースでの正確な場所(座標)を割り出しましたので掲載します。日本語の記事では他にはない情報です。

カザフスタンの謎の地上絵


2015年に「カザフスタンで260点の地上絵が発見される」というニュースがありました。6000年~1万年前の地上絵かと日本でも話題になりました。

6/22放送『世界の何だコレ!?ミステリー』で「ナスカより古い巨大地上絵!?」として紹介されます。

しかし、日本語メディアで、その詳細な場所(座標)について記事にしているところは一切ありません。

今回、我々はこのカザフスタンで発見された27の地上絵の正確な場所を割り出しました

日本語の記事では初めてだと思われます。

場所はどこ? 閲覧時の補足事項


多くは空港のある「Turgay」の北東の都市「Арқалық(アルカルイク)」に集中しています。また「トゥルガイ」という集落でも見つけました。

以下に、27カ所の地上絵の航空写真と座標を書いてあります。少々重いかもしれませんが、待っていれば表示されます。

なお、遺跡を見るには各ポイントの赤いバルーン(目印)の箇所を拡大してください。

※もし「赤いバルーン(目印)」が見えない場合は、地図を広域にしてみてください※

Zhitikarinskaya Line

カザフスタン最北の地上絵。

直線型に並んでいますが、わかりにくい場所です。

ポイント名:Zhitikarinskaya Line
座標:52.052522, 61.012936

Aksai Line

斜めの直線になっている地上絵。すぐ右隣には円形のサークル型もあります。

ポイント名:Aksai Line
座標:51.143026, 65.345870

Ushtogay Square

カザフスタンの謎の地上絵の紹介記事などで必ず出てくる四角い(スクエア型)に、バツ印のついた地上絵らしい地上絵。

追記:6/22放送『世界の何だコレミステリー』では、ドローンで空撮していました。

ポイント名:Ushtogay Square
座標:50.832917, 65.326260

Kyzylkan Line

十字路のところにある地上絵。

ポイント名:Kyzylkan Line
座標:50.464105, 65.960769

Kyzylkan Earthworks

縦一直線で丸がたくさんある地上絵。

ポイント名:Kyzylkan Earthworks
座標:50.409946, 65.945404

Makhsat Cross

幹線道路が通ってしまっていますが、十字型(クロス型)の地上絵です。

ポイント名:Makhsat Cross
座標:50.375582, 65.462337

Ring of Torgai

四角いような丸いような形の地上絵です。

ポイント名:Ring of Torgai
座標:50.368319, 66.150211

Arshaly Line

かなり見えにくいですが、一直線の地上絵です。

ポイント名:Arshaly Line
座標:50.340507, 66.230647

Ashutasty Cross

十字型でクロスになっている地上絵で、よく写真で紹介されています。

ポイント名:Ashutasty Cross
座標:50.227727, 66.291979

Suiindyk Ring

丸みのある四角形の地上絵です。

ポイント名:Suiindyk Ring
座標:50.183009, 64.631059

Geoglyph Line

への字型の地上絵です。

ポイント名:Geoglyph Line
座標:50.121936, 64.385385

Kara-Torgai Cross

こちらも十字型でクロスになっている地上絵です。

ポイント名:Kara-Torgai Cross
座標:50.168954, 65.748285

circles

ややわかりづらいですが、丸い地上絵が横並びに8個ほど並んでいます。名前が「circles」と「丸」となっていますが、ひとつひとつは丸ですね。

ポイント名:circles
座標:50.14534, 65.78347

Torgai Triskelion

カギ型がクロスしている十字タイプの地上絵です。これも紹介写真でよく見ます。

追記:6/22放送『世界の何だコレミステリー』では、ドローンで空撮していました。

ポイント名:Torgai Triskelion
座標:50.10274, 65.36133

ruin

非常にわかりづらいですが、四角い地上絵があります。

ポイント名:ruin
座標:50.09672, 66.144

Kara-Torgai Line

直線で均等に並んでいる地上絵です。

ポイント名:Kara-Torgai Line
座標:50.05232, 65.79696

Kara-Torgai Circles

大きいリング型が5個横並びになっています。

ポイント名:Kara-Torgai Circles
座標:50.02968, 65.99839

Kara-Torgai Square

ひとつ上の地上絵のすぐ南にある四角い(スクウェア型)の地上絵です。

大変わかりやすい地上絵です。

ポイント名:Kara-Torgai Square
座標:50.02758, 65.99921

Kaindy Line

横一直線の地上絵で、まるで滑走路のようです。

ポイント名:Kaindy Line
座標:50.00212, 66.00495

Zharsai Line

分かりづらいですが、横一直線の地上絵です。

ポイント名:Zharsai Line
座標:49.53812, 65.88213

Zharsai Cross

ひとつ上の地上絵の南西すぐにある地上絵で、十時のクロス型です。

ポイント名:Zharsai Cross
座標:49.51244, 65.86225

ruin2

ほぼ見えませんが、四角いスクエア型の地上らしきものがあります。

ポイント名:ruin2
座標:49.46915, 62.72138

ruin3

これも分かりづらいですが、丸い地上らしきものがあると言われています。

ポイント名:ruin3
座標:49.43577, 62.49199

Akshiganak Cross

十字型(クロス型)で、よく分かる地上絵です。

ポイント名:Akshiganak Cross
座標:49.3048, 62.70605

South Torgai Ring

正円に近い丸形の地上絵です。

これもよく紹介記事の写真で出てきます。

ポイント名:South Torgai Ring
座標:49.04938, 65.88873

South Torgai Cross

飛行機のような十字型(クロス型)の地上絵です。

ポイント名:South Torgai Cross
座標:48.78161, 65.92734

トゥルガイの近くにある地上絵

杖のような形をした地上絵で、トゥルガイという集落の北にあります。

こちらは紹介されている記事はないようですが、今回の調査で発見しました。

ポイント名:トゥルガイの近くにある地上絵
座標:51.810771,72.664541

カザフスタンの謎の地上絵 場所はどこ? まとめ

ということで、カザフスタンの謎の地上絵(260点)の中で、27カ所の場所を特定してみました。

6/22放送『世界の何だコレ!?ミステリー』で「世界最古の可能性…巨大地上絵を新発見!ドローン撮影で全貌公開」と予告されているので、興味のある方は、当日の番組をご覧ください。


「世界の何だコレミステリー」で紹介されたお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


Sponsored Link


【チーズケーキ】禁断のチーズケーキ(半熟)【TV雑誌で話題】【半熟】【ケーキ】(lf)

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。