姥ヶ池 @静岡 呪文を唱えるとブクブクと泡が出てくる池が『世界の何だコレ!?ミステリー』で紹介

静岡県清水区追分4丁目にある弁財天のところにある池「姥ヶ池(うばがいけ)」が2020年8月5日放送の『世界の何だコレ!?ミステリー』で紹介されるそうです。「うばかいな」という呪文を唱えると泡がたつという話で紹介されるのですが、その姥ヶ池はどこにある池なのでしょうか?

呪文を唱えるとブクブクと泡が出てくる池が『世界の何だコレ!?ミステリー』で紹介


呪文を唱えるとブクブクと泡が出てくる池が『世界の何だコレ!?ミステリー』で紹介

呪文を唱えるとブクブクと泡が出てくる池が『世界の何だコレ!?ミステリー』で紹介

2020年8月5日放送の『世界の何だコレ!?ミステリー』の予告を見ていたところ、とても気になる予告が書かれていました。

それが「静岡県に呪文を唱えると、奇妙な現象が起きる池があるという。そこは住宅地にある小さな池。この池の前で呪文を唱えると、ブクブクと泡が出てくるという」というもので、他にも「呪文 うばかいな と唱えると池から泡が出てくる」とも書かれていました。

平たくいうと、静岡県の住宅地にある小さな池で「うばかいな」と唱えると池から泡が出てくるという内容です。

しかし、これ検索すると静岡県清水区にあるという「姥ヶ池」ということしか分からず、姥ヶ池で検索しても場所がヒットしません。

では、この静岡県清水区にあるという「姥ヶ池」というのはどこにある池のことなのでしょうか?

呪文を唱えるとブクブクと泡が出てくる池は静岡県清水区追分4丁目にある

実はこの池、静岡県清水区追分4丁目にある弁財天のところにある池のことです。

番組では10回中4回も呪文で泡が出たと放送されていましたが、この池は静岡県清水区追分4丁目にある「姥ヶ池(うばがいけ)」というところです。

旧東海道から花みずき通りを北に、一筋目を右に曲がるとすぐ赤い鳥居があります。

実はこの泡、メタンガスということで常時泡立っているのだそうです。

呪文で出たのではなく、いつも出ている泡というのがその正体。

気になる方は以下の地図を見て行ってみると良いでしょう。

静岡県清水区追分4丁目

世界の何だコレ!?ミステリー 2020年8月5日 予告


世界の何だコレ!?ミステリー 2020年8月5日 予告は以下の通りです。

何だコレは噂の現場直撃!廃校に謎の禁断扉&呪文に反応(秘)池?&宇宙人と交信(秘)電話?▽ドリル…みやぞんがナゾ調査!東京スカイツリーの(秘)研究施設…屋上にポツンとトイレ
[世界の何だコレ!?ミステリー] ■三重県のとある廃校にナゾの扉があるという投稿を頂き、宮田俊哉(Kis-My-Ft2)が初調査へ!それは、理科準備室だった場所にあるという。廃校の雰囲気に「ヤバい」を連呼しながら奥へ進んで行くと…“危険 えたいの知れないもの”“1991.12.11封印”と書かれた紙が貼ってある禁断の扉が!「本当に開けちゃいけないヤツかも知れない」と戸惑いながらも、恐る恐る“禁断の扉”をオープン!一体、中には何が!? ■静岡県に“呪文”を唱えると、奇妙な現象が起きる池があるという投稿を頂き、さっそく現地へ!行ってみると、そこは住宅地にある小さな池。この池の前で呪文を唱えると、ブクブクと泡が出てくるという事だが…本当に反応するのか!? ■熊本県の視聴者の方から「スプーンが曲がるホテル」があるという情報をいただき、現地へ!その現象は、世界遺産・ストーンヘンジのような石がある“ホテルの庭”で起きるのだとか。スタッフが実際にやってみると…。 [林修のニッポンドリル] 今夜の『林修のニッポンドリル』のテーマは「目を疑う!摩訶不思議ドリル」! 「目を疑う!摩訶不思議ドリル」では、われわれの身近に潜んでいるさまざまな摩訶不思議なことを解明していく。 大人から子どもまで家族みんなで楽しめる『林修のニッポンドリル』を、ぜひお楽しみいただきたい。


「世界の何だコレミステリー」で紹介されたお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。