山の中にある巨大な白い手が『世界の何だコレ!?ミステリー』で紹介

2020年1月29日放送の『世界の何だコレ!?ミステリー』で、埼玉県飯能市の山中にある巨大な白い手が紹介されるそうです。衛星写真では「子ノ権現天龍寺」の境内にその巨大な白い手が写っているのが確認できました。では、この巨大な白い手はいったいなんなのでしょうか?

山の中にある巨大な白い手が『世界の何だコレ!?ミステリー』で紹介


山の中にある巨大な白い手があるらしい

山の中にある巨大な白い手があるらしい

2020年1月29日放送の『世界の何だコレ!?ミステリー』で、衛星写真に写る山の中にある巨大な白い手が紹介されると予告されています。

予告では「山奥で見つけた“巨大な手”!?視聴者の方から 衛星写真の、ある座標軸に“巨大な手”のようなものが見える という情報を頂いた!実際に確かめてみると、緑生い茂る中に手のようなものが!一体これは?現地へ行き調査!」と書かれていました。

では、その山の中にある巨大な白い手とはどこにあるのでしょうか?

場所は上のストリートビューの場所。

座標でいえば「35°54’25.6″N 139°11’15.9″E35.907109, 139.187758)」なのですが、ここは・・・・

子ノ権現天龍寺

というお寺の境内なのです。

子ノ権現天龍寺にある巨大な白い手とは?

実はこの「巨大な白い手」があるのが、埼玉県飯能市の山中にあるお寺「子ノ権現天龍寺」です。

これは彫刻家の西雅秋さんという方が制作した彫刻で、平たくいえばアート作品なんです。

なかなか面白いですが、そこに手がある意味はあまりないですよね~。

〒357-0214 埼玉県飯能市大字南461
公式サイト:http://nenogongen.jp/


400年部外者は立入禁止だった京都の高台寺が2020年1月29日放送の『世界の何だコレ!?ミステリー』で紹介されるそうです。一般公開されたのは平成元年(1989年)4月と比較的最近のことで、豊臣秀吉の正室である北政所(ねね)が秀吉の冥福を祈るために建立した寺院です。


このお店の口コミは?

世界の何だコレ!?ミステリー 2020年1月29日 予告


世界の何だコレ!?ミステリー 2020年1月29日 予告は以下の通りです。

400年!部外者は立入禁止だった京都の寺!境内のあちこちに隠された「秀吉3つの遺品」の謎▽夜空に連なる発光体&勝手に揺れるブランコ▽誰が何の為?山の中に巨大な手
▽夜空を一列でゆっくり移動する、発光体らしきもの!まるで「銀河鉄道」のようなその映像や画像が、昨年の11月以降、番組宛に複数寄せられた。この光の正体は一体何なのか?また、以前の放送でご紹介した「空に大量に出現した謎の飛行物体」の映像!今回は、このナゾ動画の真相も突き止めていく。正体は一体何なのか…専門家に取材をしてみると、意外な回答が! さらに、山奥で見つけた“巨大な手”!?視聴者の方から「衛星写真の、ある座標軸に“巨大な手”のようなものが見える」という情報を頂いた!実際に確かめてみると、緑生い茂る中に「手」のようなものが…一体これは?現地へ行き調査! ▽約400年前に創建され、平成の時代に入るまで部外者の立ち入りが禁じられてきたお寺が京都に。そこは「高台寺」というお寺で、境内のあちらこちらに、天下人・豊臣秀吉の遺品が隠されてきたんだそう。今回はそれらの遺品を紹介しながらナゾに迫っていく!さらには、400年前に作られ、秀吉の“顔”を忠実に再現したとされる、厳重管理の「木像」も特別公開! ▽番組ファンのご夫婦から「他界した父が遺したもので気になるものがある」という投稿が。それは「隕石標本」と書かれた、見るからに古い封筒で、その中には“黒い石”らしきものが入っているのだそう。今度こそ本物の隕石か!?調査するのは、もちろん田中卓志隊長!専門家の鑑定はいかに?


「世界の何だコレミステリー」で紹介されたお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。