「深泥池水生植物群落」と書かれた昭和2年の石碑

深泥池 @京都 住民が激白!タクシー怪談発祥地で大迷惑『世界の何だコレミステリー』でも紹介

京都で一番有名なミステリースポット「深泥池(みどろがいけ、みぞろがいけ)」が、2018年6月13日放送『世界の何だコレ!?ミステリー』で紹介されます。深泥池はタクシーに乗せた女性が消えたという話題が朝日新聞に掲載されたことが発端で「タクシー怪談(消えた女)」発祥の地として有名となりました。しかし、この噂で地元は非常に迷惑しているのです。
Continue reading

『世界の何だコレミステリー』で谷川岳の謎エリアが紹介されます(写真は谷川岳)

関越トンネル換気塔 @群馬県・谷川岳 エントツ形の巨大建物『世界の何だコレミステリー』で紹介

群馬県の谷川岳の地下を通る「関越自動車道」のトンネル「関越トンネル」のある施設が、2018年5月23日放送『世界の何だコレミステリー』で紹介されます。山深い山中にポツンとあるエントツのような巨大建物で、トンネルと関係のある施設で「関越トンネル換気塔」と呼ばれているものです。関越トンネルには換気塔が二本あって、ひとつが「万太郎地下換気所」、もうひとつが「谷川岳PA側換気所」ですが、紹介されるのは谷川岳PA側の換気塔のようです。
Continue reading

那須塩原の塩原発電所(揚水地)

塩原発電所(揚水地)@栃木県・山中にある巨大穴『世界の何だコレ!?ミステリー』で紹介

2018年5月16日放送『世界の何だコレ!?ミステリー』で、栃木県那須塩原の山中にポッカリ空いた白い巨大穴が紹介されると予告されていました。「衛星写真で見つけた謎エリア」企画で、那須塩原の「安戸山(やすとやま)」と「弥太郎山(やたろうやま)」のちょうど中間地点にある山にあります。これは、東京電力「塩原発電所」の施設のひとつで「那須塩原の塩原発電所(揚水地、サージタンク)」です。「八汐ダム(やしおだむ)」へ水を送るために取水する施設になります。
Continue reading

浦島太郎が通った「龍穴」の場所を公開

浦島太郎が通った「龍穴」@京都・与謝郡の場所はどこ?『世界の何だコレミステリー』で紹介

今回の「京都秘境ハンター」は、京都・与謝郡にある謎の龍穴を見に行って来ました。その「龍穴」は、浦島太郎が龍宮城から戻って来る際に通ったと伝承が残る小さい洞窟(風穴)で、その先は1.3km離れた海へと繋がっていると言われています。この浦島太郎の通った「龍穴」が、なんと!2018年4月11日放送『世界の何だコレミステリー』で紹介されるというのです。
Continue reading

見ると幸福になれる「座敷わらし」がいる蕎麦屋が広島にはある

手打ちそば山菜料理わらべ @広島「座敷わらしがいる店」が世界の何だコレミステリーで紹介

広島県の蕎麦屋「手打ちそば山菜料理わらべ」さんが、2018年4月4日放送『世界の何だコレミステリー』で紹介されます。予告では「広島県のそば店に、見ると幸せになれるとうわさの座敷わらしがいるらしい。」となっており店名は書かれていないのですが「手打ちそば山菜料理わらべ」さんはかなり有名な蕎麦屋さんで「座敷わらし」がいると噂されているお店です。
Continue reading

凌雪荘(りょうせつそう)は雲取山(くもとりやま)にある山小屋です

凌雪荘 @京都・鞍馬の山奥「京産大の山小屋」が『世界の何だコレミステリー』で紹介

京都産業大学の山小屋「凌雪荘(りょうせつそう)」が、2018年2月21日放送『世界の何だコレ!?ミステリー』で紹介されます。「京都の山奥にあった謎の建物」として紹介されることになっていますが、実は京産大ワンダーフォーゲル部の山小屋です。予告では、雪山を登山して雲取山、地蔵杉山、ハタカリ峠のある付近までトレッキングコースを歩いている様子が予告で映っていました。
Continue reading

滋賀県の山奥にある地図に載らない村が『世界の何だコレ!?ミステリー』で紹介

甲頭倉(こうずくら)集落 @滋賀県 廃村『世界の何だコレ!?ミステリー』で紹介

滋賀県の山奥にある地図に載らない村が2018年2月7日放送『世界の何だコレ!?ミステリー』で紹介されます。紹介される村とは「甲頭倉(こうずくら)」のことで、1960年代に準廃村となった場所です。現在はゲートで封鎖されており立ち入りには許可が必要になっています。
Continue reading

新潟県の山奥にある「コの字の建造物」とは廃鉱山跡のことです

持倉鉱山跡 @新潟県の山奥にある「コの字の建造物」

新潟県の山奥にある「コの字の建造物」が2017年12月27日放送『世界の何だコレミステリー』で紹介されます。この「コの字の建造物」とは「持倉鉱山跡」という山奥にある鉱山事務所のことです。持倉鉱山は江戸時代に開山した鉱山で、1963年まで蛍石などを産出していました。
Continue reading

廃村八丁へ向かう「ダンノ峠」付近の林道

廃村八丁 @京都の山奥「ピラミッド型建物」が『何だコレミステリー』で紹介

京都の山奥にある「ピラミッド型建物」が、11月8日放送『世界の何だコレ!?ミステリー』で紹介されます。気になる内容ですが、これは京都市右京区京北の「弓削町(ゆげちょう)」にある「廃村八丁(はいそんはっちょう)」の山小屋「三角小屋(八丁小屋)」のことです。
Continue reading

元三野村の廃村が『世界の何だコレミステリー』で紹介

三濃山求福教寺 @元三野村・三濃山にある謎の建造物『世界の何だコレミステリー』で紹介

兵庫県相生市矢野町の廃村「元三野村」が、10月25日放送『世界の何だコレミステリー』で紹介されるかもしれません。「三濃山にある謎の建造物」が紹介されると予告されているのですが、三濃山求福教寺(みのうさんぐふくきょうじ)などがある「旧三野村の廃村」のことだと思われます。
Continue reading

京都にある謎のカーブミラーの場所

京都にある謎のカーブミラーが『世界の何だコレ!?ミステリー』で紹介

10月25日放送『世界の何だコレ!?ミステリー』で、京都にある謎のカーブミラーが紹介されるようです。清滝トンネルの上「試峠(こころみとうげ)」を通る京都府道137号線にあるのですが、深夜に行くと「ピュー」という音が聞こえたり、茂みからはガサガサという音も聞こえます。
Continue reading

桜石がある桜天満宮 @亀岡市に「桜石」を見に行く【京都秘境ハンター】

6月7日放送『世界の何だコレミステリー』で、京都府亀岡市の桜の形をした石「桜石」が紹介されます。湯の花温泉の北丘陵で採取される菫青石(きんせいせき)のことで、表面に桜花の紋様が見られることから「桜石」と呼ばれています。亀岡市ひえ田野町柿花にある「桜天満宮」で見ることができる貴重な石です。
Continue reading

ティムール

ティムールの棺 @ウズベキスタン 開けたら戦争!『世界の何だコレミステリー』で紹介

開けただけで戦争が起こってしまったティムールの棺(ウズベキスタン)が11月30日放送『世界の何だコレミステリー』で紹介されるようです。古都サマルカンドのグーリ・アミール廟にあるティムール朝を建国したティムールの棺で、棺を開けて調査した2日後に独ソ戦(バルバロッサ作戦)が起こります。
Continue reading

グリューナー湖 湖に沈む謎の村が『世界まる見え!テレビ特捜部』に登場か

オーストリアのグリューナー湖が「湖に沈む謎の村」として、11/21放送『世界まる見え!テレビ特捜部』で紹介されるようです。グリューナー湖(Grüner See)は「The Green Lake」と呼ばれており高山の上にある自然公園にある湖です。雪解け水が湖に流れ込み水面が10メートル上昇することから公園がまるごろ湖に沈んでしまうという場所なのです。
Continue reading

南アフリカのミステリーサークル 場所どこ?カラハリ砂漠フェールヌークパン

南アフリカのミステリーサークルが9/28放送『世界の何だコレミステリー』で紹介されます。南アフリカ観光局も告知していました。しかし、ネットには南アフリカのミステリーサークルの場所の記載はないようです。では、この南アフリカのミステリーサークルはどこにあるのでしょうか?
Continue reading