本数の子黄金松前漬 @函館・布目「ごはんに合う最強のおかず」

北海道の函館や松前で江戸時代からの保存食「松前漬け」が、12月2日放送『人生最高レストラン』で「ご飯に合う最強おかずベスト3」として紹介されるようです。紹介されるのは北海道函館市浅野町にある「株式会社 布目」さんで製造販売している商品「本数の子黄金松前漬」と思われます。

では、この「布目 本数の子黄金松前漬」とはどのような食べ物なのでしょうか。

広告

NUNOME(布目)「本数の子黄金松前漬」が『人生最高レストラン』で紹介か


北海道・函館「松前漬」が『人生最高レストラン』で紹介

北海道・函館「松前漬」が『人生最高レストラン』で紹介

12月2日放送『人生最高レストラン』で、ゲストの賀来賢人さんが「ご飯に合う最強おかずベスト3」を発表すると予告されていました。

この中で、北海道函館の「本数の子黄金松前漬」が紹介されるようです。

本数の子黄金松前漬」は、北海道函館市浅野町にある「株式会社 布目」さんで製造販売している商品で、数の子をふんだんに使用した松前漬のことです。

松前漬けというのは、北海道の郷土料理のことで「数の子スルメ昆布」を醤油漬にした伝統食品(保存食)ですね。

これを、御飯と一緒に食べると激ウマですが、どうやら番組で紹介されるのが「布目 本数の子黄金松前漬」のようなのです。

布目 本数の子黄金松前漬


NUNOME(布目)「本数の子黄金松前漬」が『人生最高レストラン』で紹介か

NUNOME(布目)「本数の子黄金松前漬」が『人生最高レストラン』で紹介か

北海道・函館にある会社「NUNOME(布目)」さんの主力商品「本数の子黄金松前漬」は、大きい数の子をスルメや昆布で醤油漬けにしたものです。

数の子の含有率が6割ある商品で人気があります。

・道南(函館、松前)の伝統的な保存食
・数の子、スルメ、昆布を醤油漬けにしたもの
・数の子は口当たりの良い柔らかいものを使用
・スルメは北海道産の真イカ
・昆布は函館産白口浜昆布

900gで価格は3240円で通販できるようになっていました。

もともと北海道では人気のあるブランドで、贈答品などに使われるような商品です。

松前漬けというのは、函館・松前(道南地方)の漁師によって古くから伝わってきた保存食で、布目さんは、この北海道で伝わってきた「松前漬け」を新鮮食材と伝統の方法で料理している会社です(創業昭和16年)。

布目@函館 基本情報


本数の子黄金松前漬の布目さんは北海道函館市にあります

本数の子黄金松前漬の布目さんは北海道函館市にあります

本数の子黄金松前漬」を製造販売している老舗水産物加工の会社「布目」さんは北海道函館市にあります。

お土産品として「北の伝承シリーズ」というシリーズで「本数の子黄金松前漬」を販売しています。

松前漬けは、酒の肴やごはんのお供になるし、サラダに混ぜて食べたりすることもできる保存食なので便利な食べ物です。

北海道函館市浅野町4−17
URL:http://nunome.hakodate.jp/

人生最高レストラン 12月2日 予告


人生最高レストラン 12月2日 予告は以下の通りです。

★週4でハマる!唐揚げ★肉1枚でご飯1杯!極厚極旨の生姜焼き★おかわり3杯!絶品○○丼★スタジオ大興奮!最強の“ご飯のお供”★賀来が仲良し徳井の本性ぶっちゃけ
★女優の榮倉奈々と結婚!今年パパになった演技派俳優の賀来賢人 ★貧乏時代に週4でハマった!「料理研究家の女将が作る!日本一の唐揚げ」 ★創業100年・70年前からの大人気メニュー「肉1枚でご飯1杯いける!極厚極旨の生姜焼き」 ★おかわり3杯!?「絶品○○丼」 ★スタジオ大興奮!絶品ご飯のお供を徳井&瀧&光浦がプレゼン ★賀来が仲良し徳井の本性をぶっちゃけ!驚きの素顔が明らかに!? ゲストの人生最高においしかった“お話”を聞いて、お腹が空いたら…、ゲストの人生エピソードや考えを聞いて、いいね!と思ったら…Gooボタン!!


テレビで紹介される商品や店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。また、撮影ロケ地などの情報で地元が盛り上がる点に着目し、どのような地域がロケ地になるのかなどを参考にして、地元経済への貢献も目標となっています。京都の起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。