杜のこやぎ カフェ@宮崎県川南町『人生の楽園』で紹介

10月14日放送『人生の楽園』は宮崎県川南町にある農家民泊「里ぐらし杜のこやぎ カフェ」さんが紹介されるようです。米山敏夫さんご夫婦が経営される農家民泊兼カフェとのことですが、敷地内にはヤギ・鶏・牛などもおり、野菜・果物も自給自足できるという本格的な農家さんです。

田舎ビジネスは「農家民泊田舎蕎麦」だけでは難しいので、カフェの紹介は参考になりそうです。

広告

杜のこやぎ カフェ@宮崎県川南町『人生の楽園』で紹介


今週の『人生の楽園』は農家民泊とカフェが舞台のようです

今週の『人生の楽園』は農家民泊とカフェが舞台のようです

毎週楽しみに見ている『人生の楽園』、10月14日は宮崎県川南町にある農家民泊「里ぐらし」さんが舞台になっていました。

農家暮らしと農業体験ができる地方の山間部で多く見かける農家民泊です。

また、農家民泊か・・・・」という気がしますが、今回はそうでもなさそうです。

農家民泊「里ぐらし」さんは、経営者の米山敏夫さんご夫婦が「田舎再生」を目標に移住したいと考える人のために始められたということですが、農家民泊だけではなく、ギャラリー&カフェ「杜のこやぎ」も経営されているということだからです。

昨今多く見かける「農家民泊田舎蕎麦」だけでは、田舎での「新しい魅力の創造」や「都会との接点」を得るのは難しいというのが本ブログの見解で、カフェの紹介もあるなら参考になりそうな回です。

では、そのギャラリー&カフェ「杜のこやぎ」はどこにあるのでしょうか。

宮崎県児湯郡川南町川南25572
宿泊料金:6500円(一名、一泊二日二食付き)
宿泊料金:4000円(一名、一泊二日朝食付き)
宿泊料金:3000円(一名、素泊まり)
※予約は1週間前くらいまで
Blog:http://satogura.exblog.jp/
URL:http://satogurashi.com/

ギャラリー&カフェ「杜のこやぎ」

ギャラリー&カフェ「杜のこやぎ」さんは、2017年2月14日にオープンしたカフェで、農家民泊「里ぐらし」さんと同じ場所(併設)にあります。

敷地内では、ジャージー牛や平飼い鶏を飼育しており、それで作った自家製プリンが名物とされていました。

自家製ミルクもメニューにあるということで、なかなか興味深いお店です。(自家製ミルクはなかなかないので)

和ランチ 500円
洋ランチ 500円
カスタードプリン 400円
手作りケーキ 300円
コーヒー 300円
アイスコーヒー 300円
自家製ミルク 300円
サワーミルク 350円

敷地内で採れた「牛乳野菜果物」を使ったランチやデザートを提供しているということで、自給自足の田舎カフェの理想的なお店と言えます。

価格も安いので、田舎では安く良いものが食べられるというイメージ戦略にもなります。

田舎ビジネスでは、自家製ミルクと卵は良い素材です

田舎ビジネスでは、自家製ミルクと卵は良い素材です

特に、自家製ミルクと卵は良い素材だと思いました。

なぜなら、テレビで紹介される田舎の行列店は、だいたい「パンスイーツジェラート」だったりするからです。

今週の放送回も、田舎ビジネスの参考になりそうな回ですし、宮崎県の川南町は天然温泉「木城温泉館 湯らら」さんもあったりと、なかなか良さそうな土地です。

宮崎県児湯郡川南町川南25572(同じ敷地内)
営業時間:11時~17時
定休日:水曜~金曜

人生の楽園 10月14日 予告


人生の楽園 10月14日 予告は以下の通りです。

宮崎県の山里で、田舎暮らしを満喫しながら農家民泊も始めた60代の夫婦を紹介。落花生の収穫やベーコン作りなど、様々な体験ができる。
宮崎県川南町は、終戦後、多数の開拓移民が入植した土地。開拓移民の両親に育てられた主人公夫婦の妻は、両親が亡くなると、愛着のある土地を守るために故郷にUターン。夫も定年退職後に合流し、夫婦で自給自足的な田舎暮らしを始めた。さらに2年前、「川南町の良さを知ってもらいたい」と農家民泊も始めた。この時期は、畑で収穫した落花生を使って落花生豆腐を作ったり、栗拾いをしたり、宿泊客は様々な田舎体験を楽しめる


「人生の楽園」で紹介されたお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。