民宿まほろば @愛知県設楽町 奥三河のやすらぎ宿の小西忠信さん『人生の楽園』で紹介

毎週楽しみにしている番組『人生の楽園』は茶臼山高原の景観が美しい愛知県設楽町にある古民家民宿民宿まほろば」を経営する小西忠信さんが紹介されます。登山のハイカーにはよく知られる茶臼山高原に近く、すぐ裏には白鳥山があるので登山が楽しめる民宿です。

では、この「民宿まほろば」さんはどこにあるどんな民宿なのでしょうか?

広告

愛知県設楽町 奥三河のやすらぎ宿が『人生の楽園』で紹介


今回の舞台は「茶臼山高原」の芝桜に近い奥三河

今回の舞台は「茶臼山高原」の芝桜に近い奥三河

毎週欠かさず見ている優良番組『人生の楽園』は愛知県設楽町(奥三河)が舞台になっていました。

今週は、小西忠信さんという方が2014年10月にオープンした山奥の宿「民宿まほろば」さんの紹介ということで、田舎の山村でいかに働きながら生活していくかというテーマになっています。

このブログでは田舎に住むなら「安い」もしくは「景色が良い」場所を選ぶように提唱していますが、「民宿 まほろば」さんがある場所は奥三河高原という場所で景色の良い場所です。

「茶臼山高原」は紅葉の名所でもあります

「茶臼山高原」は紅葉の名所でもあります

こういった場所で民宿をするには、何か目的がないとお客様が来ないものですが、「民宿 まほろば」さんがある場所は奥三河高原は登山などされる方には評判の良い立地だったりします。

今の時期だと「茶臼山高原」の芝桜がキレイな時期ですが、秋になれば「茶臼山高原」は紅葉の名所にもなります。

そのため、奥三河で民宿というのはなかなか良い選択かもしれません。

・農業体験
・地元料理
・白鳥山・大峠 登山
・茶臼山高原の芝桜

ちなみに「茶臼山高原」は愛知県で一番高い場所で標高1415mあります。

四谷の千枚田

四谷の千枚田

他には、車で30kmほど走りますが「四谷の千枚田」というちょっとした観光スポットもあったりします。

四谷の千枚田は、鞍掛山の裾野に広がる広大な棚田で、緑と水が豊かな四季折々の風景が見られる場所です。

広告


茶臼山高原の宿泊施設

民宿まほろば(愛知県設楽町)

民宿まほろばさんがあるのは「愛知県北設楽郡設楽町」という場所ですが、いわゆる「奥三河」の一画で住民の半分が65歳以上の町でもあります。

このエリアで有名なものといえば「五平餅」で、設楽町の特産品である「エゴマ」を使ったタレに、設楽町津具産のチヨニシキというお米を使っています。

民宿からも近い「道の駅 アグリステーションなぐら」で食べることができます。

さて、建物は元々は地元の名士の家屋だったもので「白い洋館広いお屋敷」があるということで、良家だったようで大きなピアノもあったりします。

一般的な古民家に比べて泊まる楽しみもある民宿のようです。

宿泊は2部屋ありますが、1日1グループ限定で最大10名まで宿泊可能となっていました。

愛知県北設楽郡設楽町津具下下留6−1
TEL:0536-83-2280
URL:http://ameblo.jp/787se4224/

人生の楽園 4月22日 予告


人生の楽園 4月22日 予告は以下のとおりです。

愛知県設楽町の築120年の古民家に移住し、心からのおもてなしが評判の民宿を始めた50代の夫婦を紹介。田舎料理のフルコースが堪能できる。
警察官をしていた夫と音楽教室の先生をしていた妻。田舎暮らしに憧れて移住先を探し、100軒近くの家を見て回った末に出会ったのが、愛知県設楽町の古民家だった。20年以上も空き家になっていたが、リフォームで心地よい空間に作り変え、夫婦で料理自慢の民宿を始めた。広々とした家では、妻が機織りやピアノを楽しみ、夫は購入した家に付いてきた蔵で“お宝探し”。近所の農家の方に教わりながら、野菜作りにも挑戦している。


「人生の楽園」で紹介されたお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。