農家レストラン 太郎右衛門 @石川県中能登町 田中良夫さんが『人生の楽園』で紹介

毎週楽しみに見ている移住や田舎での生活がテーマの『人生の楽園』2月25日放送で石川県鹿島郡中能登町二宮にある「農家レストラン 太郎右衛門」の田中良夫さんが紹介されるそうです。「どぶろく」や「イノシシ鍋」が楽しめる冬季限定の1日1組のみのお店です。

では、「農家レストラン 太郎右衛門」は石川県のどこにあるのでしょうか?

広告

太郎右衛門 石川の農家レストランが『人生の楽園』で紹


自家製どぶろくが飲める「農家レストラン 太郎右衛門」さんが紹介されます

自家製どぶろくが飲める「農家レストラン 太郎右衛門」さんが紹介されます

農家レストラン 太郎右衛門」(石川県鹿島郡中能登町二宮)を経営する田中良夫さんが、2月25日放送『人生の楽園』で紹介されるようです。

田中良夫さんは、石川県では古くから生産されている「どぶろく」で町おこしを目指している方で、石川県の「どぶろく特区」制度を使って酒造を認可されています。

どぶろく特区」制度とは、農家の自家製米で「どぶろく」を作り、自分の民宿などで「どぶろく」を提供する場合に酒造免許を取得できる制度のことです。

いわゆる規制緩和ですね。

「どぶろく特区」にもなっているのは中能登町(なかのとまち)以外にも、石川県羽咋市(はくいし)と白山市(はくさんし)の3市町村だけです。

羽咋市(はくいし)
白山市(はくさんし)
中能登町(なかのとまち)

要するに、田中良夫さんは「どぶろく製造」のために「農家レストラン 太郎右衛門」を経営しているとも言えます。

では、「農家レストラン 太郎右衛門」は石川県のどこにあるのでしょうか?

農家レストラン 太郎右衛門 基本情報

農家レストラン 太郎右衛門」さんは中能登町二宮で冬の1月~3月のみに営業しているお店です。

場所は、七尾街道沿いにある「鹿島郵便局」さんの前の細い路地を入って右手にある古民家に看板が掲げられています。

1日1組限定の予約制レストランということですが、古民家を使ったお店で正式には「囲炉裏で鍋&どぶろく 太郎右衛門」と言います。

「のとしし(猪)鍋」を囲炉裏で楽しめるお店です

「のとしし(猪)鍋」を囲炉裏で楽しめるお店です

費用はひとり3000円からで、自家製の酒米と麹と井戸水で作った「どぶろく」や「のとしし(猪)鍋」が楽しめるお店です。

ちなみに「どぶろく」というのは、酒米と麹と水で発酵させただけの濁り酒で、韓国のマッコリはこれに「サツマイモ・トウモロコシ・ジャガイモ」などが加わったものです。

やや甘味のある日本酒の原型とも言える飲み物です。

石川県鹿島郡中能登町二宮ロ111
営業期間:1月~3月
営業時間:1日1組要予約にて
予約TEL:0767-76-1204

天日陰比咩神社(あめひかげひめ)

神事で「どぶろく」を酒造している神社も近くにあります。

天日陰比咩神社(あめひかげひめ)」という神社で、江戸時代から御神酒のために「どぶろく」製造を許可されています。

日本全国ではこういった神社は20社ほどあります。

石川県鹿島郡中能登町二宮子甲8

日本最古のおにぎりの化石

これも紹介されそうなのですが、中能登町には「日本最古のおにぎりの化石」という珍しいものもあります。

粽状炭化米塊」と呼ばれるお米の化石で、1987年に(当時の鹿西町)杉谷チャノバタケ遺跡で発見されたものです。

弥生時代(2000年ほど前)のもので、黒く炭化した状態で見つかっています。

現在はレプリカがJR七尾線「能登部駅」に陳列されているのを見ることができるだけです。

石川県鹿島郡中能登町金丸オ

人生の楽園 2/25 予告


広告


いつか暮らしたい移住地 人生の楽園 新しい生き方の提案[本/雑誌] / テレビ朝日コンテンツビジネスセンター

人生の楽園 2/25 予告は以下の通りです。

どぶろくで町おこしをしようと、石川県中能登町でどぶろく造りを始めた64歳の男性を紹介。郷土料理が楽しめる農家レストランも営んでいる。
古くから神社でどぶろく造りが行われてきた石川県中能登町。JAを早期退職して専業農家となった主人公は、「町の特産品にしよう」と、自宅の車庫に工房を設置し、どぶろく造りを始めた。自家製米を炊いて米麹と合わせ、さらに本仕込みをした後、毎日かき混ぜながら40~50日かけて仕上げていく。このどぶろくを楽しめるのが、妻と営む農家レストラン。郷土料理の「かぶら寿司」など、自家製野菜をたっぷり使った料理が評判。

広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。