陶芸工房 山おやじ @岐阜県下呂市萩原町 長谷川広行さんが『人生の楽園』で紹介

2月4日放送『人生の楽園』は岐阜県下呂市萩原町大ヶ洞地区に移住した長谷川広行さん大ケ洞窯がある「陶芸工房 山おやじ」が紹介されます。長谷川広行さんは渓流釣りが好きとのことで飛騨川のある下呂市にセカンドハウスを2013年に購入して移り住んでいます。

男のロマンが感じられる人生で『人生の楽園』のテーマには最適な方が登場のようです。

広告

陶芸工房 山おやじ @岐阜県下呂市萩原町 長谷川広行さんが『人生の楽園』で紹介

温泉担当が毎週楽しみに見ている今週の『人生の楽園』ですが、なんと下呂温泉の近くに移住して陶芸を行っている長谷川広行さんが紹介されます。

長谷川広行さんは陶芸工房「山おやじ」を運営されている方で「大ケ洞窯」という窯で釉薬(ゆうやく)の代わりに塩を使う「塩釉焼き(えんゆうやき)」という陶器を作られている方です。

・渓流釣りが趣味で飛騨川近くに移住
・場所は下呂温泉も近い岐阜県下呂市萩原町と思われる
・陶芸工房「山おやじ」を運営
・自分の窯「大ケ洞窯」で陶器「塩釉焼き(えんゆうやき)」を制作

岐阜の街中で仕事をしつつ趣味の渓流釣りをしていた長谷川広行さんは趣味が高じて、2013年に岐阜県下呂市萩原町大ヶ洞地区の山間部にセカンドハウスを入手して移住したようです。

なかなか男のロマンを感じる人生ですね。

渓流釣りの魚を友人に振舞う中で、魚を盛り付ける陶器にも興味がわき、お皿まで自作してしまうという『人生の楽園』らしい自給自足というテーマに沿うお方でもあります。

陶芸工房 山おやじ 下呂温泉に近い「下呂市萩原町大ヶ洞」の窯工房


予告で映っている下呂温泉を同じ場所から撮影

予告で映っている下呂温泉を同じ場所から撮影

『人生の楽園』の予告を見ていたところ、下呂温泉の風景が流れ、高台から鉄道の鉄橋が映っていました。

「ワイドビューひだ」が通るJR高山本線です。

ずいぶんと高台から撮影した下呂温泉の風景でしたが、撮影ロケ地は「下呂温泉 しょうげつ」という温泉宿からというのが判明しています。

ちょうど同じ場所から撮影した写真があったので上に掲載しておきました。

しかし、長谷川広行さんの「陶芸工房 山おやじ」がある場所は、もう少し北の「上呂」の近くで「下呂市萩原町大ヶ洞」という場所のようです。

広告


下呂温泉 しょうげつ

大ケ洞窯 塩釉焼き(えんゆうやき)


塩釉焼き(えんゆうやき)とは?

塩釉焼き(えんゆうやき)とは?

2/4放送『人生の楽園』で紹介される長谷川広行さんの窯は「大ケ洞窯」という窯です。

窯の名前は地名がつけられることが多いのですが、この「大ヶ洞」というのも岐阜県下呂市萩原町大ヶ洞地区から付けた窯名だと推測されます。

場所は下呂温泉の北にある「上呂駅~飛騨宮田駅」にかけてある集落で「大ケ洞窯」はJR高山線のある地区北側にあるようです。

大ケ洞窯」で作っているのは「塩釉焼き(えんゆうやき)」という陶器で、陶器を焼く際に器に塩(炭酸ソーダ=炭酸塩)を塗り熱の化学反応で陶器にガラス膜のような艶や光沢を付けるドイツ・ライン川流域が発祥の技法です。

日本では佐賀県武雄市の「黒牟田焼」などが塩釉焼き(えんゆうやき)の陶器で、益子焼などでも使われています。

広告


塩釉焼きの茶碗

ゲストハウス のっぽさんち

長谷川広行さんの窯「大ケ洞窯」で焼かれた塩釉焼き(えんゆうやき)の陶器は、すぐ隣の地区にある「ゲストハウス のっぽさんち」で使われています。

2016年6月17日にオープンしたばかりの小さなお宿です。

近くに「ひめしゃがの湯」のある場所で、鉄の含まれる赤褐色の湯で炭酸ガス温泉の天然温泉は下呂温泉付近でも結構評判の温泉です。

大好きな温泉♨

@mauzar9696が投稿した写真 –

週末のみ営業
URL:http://ameblo.jp/satoyama-fugutaro/entry-12163451520.html

人生の楽園 2/4 予告


2月4日の『人生の楽園』は温泉の多い岐阜県下呂市が舞台です。

下呂温泉はトロトロのお湯として知られており、私が好きな温泉のひとつなので、どこの温泉が紹介されるのか楽しみです。

人生の楽園 2/4 予告は以下のとおりです。

58歳で陶芸を習い始め、遂には自分の窯も完成させ、山里で陶芸を楽しむ66歳の男性を紹介。窯焼きの日は仲間が集まり、作品の完成を喜び合う。
岐阜県で自動車の板金工をしていた主人公。渓流釣りが趣味で、釣り仲間に手料理をふるまううち、「いい器にのせたらもっと喜ばれる」と思うようになり、58歳で陶芸を習い始めた。そして板金の仕事を引退すると、自作の窯がある下呂市の山里で愛犬と暮らし始めた。主人公が作っているのは釉薬の代わりに食塩を使う「塩釉焼き」という陶器で、独特の味わいがある。主人公の元には老若男女の仲間が集まり、一緒に陶芸を楽しんでいる。


「人生の楽園」で紹介されたお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。