高倉集落とそば処 松苧@新潟県に移住した本間三春さん『人生の楽園』で紹介

豪雪の新潟県十日町市(高倉集落)に移住した本間三春さんが12月24日放送『人生の楽園』で紹介されます。高倉集落は2011年まで孤立集落となっていた場所です。番組では「ふのりつなぎのへぎそば」も紹介され、お蕎麦屋の「そば処 松苧(まつお)」さんも紹介されます。

では、この「高倉集落」というのはどんな場所なのでしょうか?

広告

豪雪の新潟県十日町市(高倉集落)に移住した本間三春さんが『人生の楽園』で紹介

新潟県十日町市(とおかまちし)の豪雪地帯高倉集落」で移住生活を始めた本間三春さんと美和子さんご夫婦が、12月24日放送の『人生の楽園』で紹介されるようです。

2011年に移住されたとのことですが、ちょうどこの年は新潟県十日町市の高倉集落に設定されていた「孤立集落」が解消された年になります。

孤立集落が解消されたのは2011年8月1日 17時で、その時点では9世帯17人が在住していたという限界集落とも言える場所でした。

では、この「高倉集落」というのはどんな場所なのでしょうか?

高倉集落(新潟県十日町市)はどこにある?


新潟県十日町市の豪雪(真冬には積雪4~5mにもなります)

新潟県十日町市の豪雪(真冬には積雪4~5mにもなります)

高倉集落は、新潟県十日町市(とおかまちし)という田園が広がる新潟の山間部にある町から、さらに新潟県道75号線を権現山方面に30分ほど向かった場所にある人口の少ない集落です。

冬には豪雪地帯になる場所ですが、このエリアは広範囲で「仙田郷」と呼ばれており、その中でも高倉集落は最古の集落であると言われています。

この付近では最も「秘境」とも言える場所です。

特にめぼしい資源などはないのですが、豪雪地帯の秘境暮らしを楽しむご夫婦が紹介されるとあって、どういった生活をしているのか、放送が待ち遠しい回です。

新潟県十日町市高倉戊624

そば処 松苧

番組では、十日市市にあるお蕎麦屋の「そば処 松苧(まつお)」さんも紹介されます。

高倉集落は特になにもないのですが、新潟では「へぎそば」が地元のお料理として古くから伝わっています。

発祥は魚沼で、海藻である「布海苔(ふのり)」をつなぎに使った蕎麦のことを「へぎそば」と呼んでいます。

放送では「ふのりつなぎのへぎそば」が紹介されることになっていました。

「布海苔(ふのり)」をつなぎに使った蕎麦が「へぎそば」です

「布海苔(ふのり)」をつなぎに使った蕎麦が「へぎそば」です

そば処 松苧」さんがあるのは、十日町市犬伏(いぬぶし)という場所です。

先ほどの高倉集落から車で20分くらいのところにあり、十日町市の町中から国道253号線を松代方面に向かった所にあります。

広告


【そば 半生へぎ蕎麦 送料無料 蕎麦】越後十日町 小嶋屋 皇室献上へぎ蕎麦半生そば 110g4束つゆ付【蕎麦 贈答品 グルメ お歳暮 年越しそば】02P03Dec16

新潟県十日町市犬伏3228
営業時間:11:30~14時
定休日:水曜
URL:http://www.matsudai.com/syoukoukai/matsuo/

人生の楽園 12/24 予告


人生の楽園 12/24 予告は以下のとおりです。

今回は拡大スペシャルで「長栄丸(漁家民宿)@京都府宮津市 嶋﨑長夫さん」も紹介されることになっています。

冬を楽しむ雪国暮らし
日本有数の豪雪地帯、新潟県十日町市に移住した主人公夫婦。長い冬に備えて野沢菜漬けなどの保存食を作ったり、裏山で採ったキノコを使って鍋を囲んだり、雪国暮らしを満喫している。


漁家民宿 長栄丸京都府宮津市大島)が12月24日放送『人生の楽園 冬の拡大スペシャル』京都宮津編で紹介されることになりました。漁家民宿「長栄丸」さんは1日1組限定の民宿で漁師をされている嶋﨑長夫さんと奥様の嶋﨑郁子さんが経営されているお宿です。



「人生の楽園」で紹介されたお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。