徳平庵 @京都・京北の茅葺きの宿 植田秀男さん『人生の楽園』で紹介

Sponsored Link

京都市の京北にある農家民泊「徳平庵」(とくへいあん)さんが紹介される『人生の楽園』の放送が12月3日と近づいてきました。今回はその「徳平庵」さんがある右京区京北の弓削町(ゆげ)に行ってきたので「徳平庵」さんの紹介とともに京北についても紹介したいと思います。

実はこの京北エリアは、常々このブログでも「移住に最適!」と紹介している場所なのです。

京都・京北 植田秀男さんが『人生の楽園』で紹介


京都市右京区京北にある 徳平庵(とくへいあん)さんが『人生の楽園』で紹介

京都市右京区京北にある 徳平庵(とくへいあん)さんが『人生の楽園』で紹介

京都市右京区京北にある農家民泊の宿徳平庵(とくへいあん)」さんが、12月3日放送『人生の楽園』で紹介されます。

場所は京都市の北部にある山村エリアです。

地域名としては「京北」(けいほく)で通じますが、地元ではこの付近は「弓削」(ゆげ)という方が通じると思います。

今回はその上弓削に住む植田秀男さんご夫婦が営む農家民泊「徳平庵(とくへいあん)」が舞台なのです。

上弓削町の風景(2016年12月2日撮影)

上弓削町の風景(2016年12月2日撮影)

ちなみに我々は超地元なので、今回は実際に近くまで行っています。

ということで、今回は「徳平庵」さんや、京北というエリアについても少し紹介したいと思います。

農家民泊「徳平庵」(とくへいあん)がある京都・京北とはどんな場所?


京都・京北は市街から国道162号で行くことができ、最近はバイパスのトンネルが増設されて便利になりました

京都・京北は市街から国道162号で行くことができ、最近はバイパスのトンネルが増設されて便利になりました

『人生の楽園』は大ファンの番組で毎週見ているわけですが、常々こんなことを書いていました。

・『人生の楽園』が京都に来てくれないかなぁ
・京都は移住にも適した土地
・京北は便利なので移住先に向いている

ということもあり、今回『人生の楽園』さんが京都・京北に来てくれたのはサプライズでした。

右京区役所京北出張所や病院にスーパーと道の駅が集中するエリア

右京区役所京北出張所や病院にスーパーと道の駅が集中するエリア

京北というエリアは、山間部にしては役場やスーパーなどが集中しており移住には向いている土地柄です。

すぐ近くには「右京区役所京北出張所」という大きな建物があり、小中学校や巨大交番(実はある)に弓削の方には病院もあったりと便利なエリアなのです。

スーパー「サンダイコー」さんは大きなスーパーですし、弓削の近くには「五本松食品デパート」さんというスーパーもあります。

「巨大交番」が気になると思いますので、一応書きます。これは右京警察署の交番のひとつなのですが、警察署レベルの大きさの交番です。

ここまで大きい交番は京都でもなかなかありません。

京都・京北 徳平庵の裏手 昔ながらの風景

京都・京北 徳平庵の裏手 昔ながらの風景

さて、この京北というのは、こういった便利な施設があるものの、京都の田舎の町並みが今なお残っている場所でもあります。

特に徳平庵(とくへいあん)さんは茅葺き(かやぶき)の屋根になっています。

徳平庵(とくへいあん) 茅葺き(かやぶき)の屋根はこのあたりでは珍しいです

徳平庵(とくへいあん) 茅葺き(かやぶき)の屋根はこのあたりでは珍しいです

この茅葺き屋根は弓削あたりでも珍しい存在です。

京北には茅葺き職人の方がいらっしゃるのですが、茅葺き屋根のお宅は美山方面に行かなければ見ることは難しいといえます。

今回『人生の楽園』で紹介される古民家民泊「徳平庵」さんは、田舎ではありますが移住には向いているちょっと便利な田舎にある民宿なのです。

追記:実際の放送では「京北エリアには茅葺き屋根が多い」とありますが、映った風景は近くではありません。京北は広いので大きく見れば茅葺き屋根はありますが、弓削地域でだいぶ探したところでは茅葺き屋根は珍しいと言えます。

徳平庵(とくへいあん)基本情報


徳平庵(とくへいあん)基本情報

徳平庵(とくへいあん)基本情報

植田秀男さんご夫婦が、2015年7月に始めたのが農家民泊「徳平庵 (とくへいあん)」さんです。

元々は修学旅行生の農家民泊を受け入れる施設として商工会から相談されてオープンしたそうですが、現在では宿泊料金などは英語サイトしかないようで、海外からのお客さんがメインのようです。

英語ページに書かれた宿泊料は1棟貸しで1泊2万円です。(1~2名利用を想定)

現在ではこの古民家を一棟まるごと借りられるということで外国人にウケているのです。

外国人観光客は意外と日本人が行かないところに観光に来ていたりします。要するに「感性が違う」からなのですが、日本人の視点で考えるのではなく海外の口コミなども積極的にリサーチしているとその傾向も見えてきたりします。

12月3日放送の『人生の楽園』でも外国人の宿泊客の方が登場するようです。

各地域の行政担当の方なども積極的にこういった番組を見ておくべきなんだろうなと思います。

京都府京都市右京区京北上弓削町弾正4
URL:https://www.facebook.com/tokuheian
Blog:http://ameblo.jp/tokuheian/

道の駅 ウッディー京北さんも出るよ!


ウッディ京北にも『人生の楽園』の取材が入っています

ウッディ京北にも『人生の楽園』の取材が入っています

このブログでもよく出てくる「道の駅 ウッディー京北」さんですが、農家民泊「徳平庵」さんの近くにある道の駅です。

店員さんとしばし『人生の楽園』の話題で盛り上がったのですが、この「道の駅 ウッディー京北」さんも少しだけ映ると言っていましたので、最後の最後に「近くには道の駅 ウッディー京北もあります」とかいつものように紹介されるんだと思われます。

紅葉の天ぷら食べました

紅葉の天ぷら食べました

さて、今回紹介される京北エリアも含め京都で移住するための情報をまとめた記事もあります。

そちらの記事もぜひご覧ください。


田舎へ移住というのは最近よく聞く話ですが、なぜか京都へ移住とか京都の古民家に移住するという話はあまりありません。しかし、京都も住む所を選べば田舎暮らしが便利に出来るのです。今回は田舎暮らしの注意点や、京都のどこに移住するのが良いのかまとめてみました。


実はまだある農家民泊「遊月(ゆづき)」(京北弓槻町)

実は、この京北エリアにはもうひとつ農家民泊があります。

それが京北弓槻町にある「遊月」(ゆづき)さんです。

日本の方なら、こちらの方が泊まりやすいと思います。

こちらは地図にも載っていないので知られていませんが、喫茶などもやってます。

こちらは一泊二食付きで5800円のお宿です。

Sponsored Link


いつか暮らしたい移住地 人生の楽園 新しい生き方の提案[本/雑誌] / テレビ朝日コンテンツビジネスセンター

京都府京都市右京区京北弓槻町南ノ下12
URL:http://qqth6ne9k.wixsite.com/keihoku-yuduki


「人生の楽園」で紹介されたお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。