農家民宿 政所(まんどころ)奈良県十津川村が『人生の楽園』で紹介

Sponsored Link

奈良県十津川村の「農家民宿 政所」さんが9/24放送『人生の楽園』で紹介されます。十津川村は同じ関西ということで我々も8月に行ってきたばかりです。「農家民宿 政所」さんは1泊2食7500円で農家体験などの田舎暮らしができる宿として2009年にオープンしました。

奈良県十津川村は奈良最南端の村ですが景色もよく夏にいくのがオススメです。

奈良県十津川村の「農家民宿 政所」さんが人生の楽園で紹介!


奈良県十津川村の「農家民宿 政所」

奈良県十津川村の「農家民宿 政所」

9/24放送『人生の楽園』で、なんと!奈良県十津川村が登場します。

紹介されるのは、十津川村にある「農家民宿 政所」(まんどころ)さんです。

築300年にもなる古民家を使った農作業が体験できる、2009年にオープンした民宿になります。

農作業や熊野名物「めはり寿司」づくり体験など

農作業や熊野名物「めはり寿司」づくり体験など

(1)稲刈り
(2)めはり寿司作り
(3)薪割り
(4)風呂焚き

体験できるものはいわゆる田舎暮らしの農作業ですが、オーナーの辻成晃さんのお母さんである辻伊久子さんがお料理上手ということで熊野名物の「めはり寿司」作りも体験できます。

めはり寿司」というのは、醤油味のご飯を高菜の浅漬けの葉で包んだものです。かなり塩っぱいです。

「農家民宿 政所」(まんどころ)さんは、こういった体験が1泊2食付きで7500円から体験できるということで、奈良県の「農家民宿 広報サイト」でも紹介されています。

「農家民宿 政所」さんのある奈良県十津川村ってどんな所?


十津川村って世界遺産「熊野古道」が有名なところです(2016年8月撮影)

十津川村って世界遺産「熊野古道」が有名なところです(2016年8月撮影)

農家民宿 政所」さんのある奈良県十津川村は奈良の最南端にある村なのですが、とてつもなく巨大な村です。

日本では5番目に大きい村として知られていますが(1位~4位は北方領土にある村)、東京23区より広く、8月に実際に行ってきたばかりですが泣いちゃうくらいの大秘境です。

世界遺産 熊野古道果無集落(2016年8月撮影)

世界遺産 熊野古道果無集落(2016年8月撮影)

有名なのは世界遺産「熊野古道」ですが、途中にある「世界遺産 熊野古道果無集落」が観光名所になっています。

「果無」は「はてなし」と読みます。

人生一度は見たほうが良い場所です。

とはいえ、80kmほど先にある三重県熊野市紀和町丸山の「丸山千枚田」の方が絶景だったりするので、この付近を旅行するなら候補にした方が良いでしょう。

80km先には丸山千枚田もあります

80km先には丸山千枚田もあります

丸山千枚田も先日行ってきたのですが、山の斜面をすべて開拓して大規模な段々畑が麓まで雄大に続く大絶景です。

農家民宿 政所 基本情報

今回紹介される「農家民宿 政所」さんは、そんな十津川村でもかなりアクセスの悪い場所にあります。

ガソリンスタンドがめったにないので「そろそろガス欠・・・・」という頃に、行き先案内標識に「次は50km先」とか平気で書いてあったりするような場所です。

宿泊費は1泊2食付きで7500円で、和室が2室のお宿です。6名までは泊まれるようです。

農家民宿 政所」の政所は「まんどころ」と読みますが、平安時代に公家宅内の仕事を司る担当部署であった「政所」の意味だと思います。

奈良県道733号線という五百瀬(いもぜ)の集落を通る離合困難路線にあるのですが、いわゆる「熊野古道」という長い道のひとつです。

奈良県十津川村の集落 (2016年8月撮影)

奈良県十津川村の集落 (2016年8月撮影)

このあたりの集落は傾斜の厳しい山間に段々畑が美しい赤色屋根の集落があるのですが、五百瀬(いもぜ)もそういった集落のひとつです。

十津川村は初夏から初秋の暑い時期に行くのがベストです(2016年8月撮影)

十津川村は初夏から初秋の暑い時期に行くのがベストです(2016年8月撮影)

行くのは夏の方が良いと思います。

天気の悪い時期だと、ただのド田舎ですが、夏には収穫を待つ稲穂で全面緑色に染まる風景を見ることができます。

ちなみに冬はド寒いのでオススメしません。

十津川村、ほんとよい所です・・・・なんもないけど(2016年8月撮影)

十津川村、ほんとよい所です・・・・なんもないけど(2016年8月撮影)

奈良県吉野郡十津川村五百瀬101
宿泊費:1泊2食付7500円
チェックイン:15時
チェックアウト:10時
予約:0746-67-0476
URL:http://www.okuyamato.pref.nara.jp/nouka/stay/mandokoro.html

農家民宿 政所 へ自動車で行くなら国道168号を利用!

「農家民宿 政所」さんへの行き方は2通りあるのですが、いずれも自動車やバイクなどでしか行くことができません。一応バスもあるのですが非現実的です。

上のストリートビューにある国道168号線から県道733号を進む「農家民宿 政所」さんのある五百瀬(いもぜ)の集落に行くことができます。

(1)国道168号線からアクセス ← こっちを選択
(2)国道371号(龍神街道)からアクセス

基本は国道168号線から県道733号に入るべきです。奈良県五條市から国道168号線に入れます。これが最速ルートです。

奈良県五條市より南は24時間営業のガソリンスタンドとかないので、遅い時間帯の場合は給油をするのを忘れないでください。五條市から新宮市までの124km区間は日中営業のガソリンスタンドのみです。

国道371号(龍神街道)ルートは超大変!


国道371号(龍神街道)は景色は良いのですが・・・・

国道371号(龍神街道)は景色は良いのですが・・・・

さて、もうひとつ国道371号(龍神街道)からも県道733号に入れるのですが、奈良の道をナメたら行けません

上のストリートビューは国道371号(龍神街道)から県道733号に入る道です。

案内板に「40km先は国道168号だよ!」と書いてあるのですが信用してはいけません

奈良では国道300番台までの道しか通らない方が無難なのです。

国道371号も奈良県橋本市からは離合困難路線で入口がわからないオマケ付き

国道371号も奈良県橋本市からは離合困難路線で入口がわからないオマケ付き

というのも、それ以外の道は基本が林道なので、道がクネクネしてるはスピードは出せないわで40km進むのに2時間以上かかったりするのです。

奈良の幹線道路以外はだいたいこんな感じ

奈良の幹線道路以外はだいたいこんな感じ

林道は崖とか悪路とか路肩崩壊とか倒木とか・・・・・クネクネした道で、いやがうえでも平均時速は確実に20km以下になります。

紀伊半島を走る場合は、枝路線を通るのではなく、3倍くらい距離があっても幹線道路を通る方が速く到着します。

国道425号も大きく迂回した方が早く着きます

国道425号も大きく迂回した方が早く着きます

農家民宿 政所 まとめ


農家民宿 政所さんは、奈良県十津川村の五百瀬(いもぜ)の集落にある農家民宿です。近くには世界遺産「熊野古道果無集落」(はてなししゅうらく)もあります。

アクセスは国道168号線から県道733号を自家用車やバイクで行くルートしか選択肢がありません

宿泊費は1泊2食で7500円。和室2室で6名まで宿泊可能です。

体験は農作業や田舎暮らしで「めはり寿司」などの調理体験もできます。

なお、9/24放送『人生の楽園』では、元箱根の佐藤昭男さんの喫茶店「山小屋 佐藤」も紹介されます。記事はこちらからご覧ください


「人生の楽園」で紹介されたお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。